ぐうたらな一日

ぐうたらな一日 はコメントを受け付けていません。


[videopop vid=1210507293 vsize=320 vinline=”true”][/videopop]

今日はお昼寝いっぱいしました。 小笠原旅行記は手つかず(;^ω^)
でも、ずーっと寝てたわけではないのです。
このブログはwordpressというフリーのソフトを使っているのだが、それのバージョンアップとかメンテナンスしていたらそれだけで4時間ぐらいかかっちゃったのだ。
そのメンテナンスのおかげで、動画もアップできるようになったので、今日は写真の代わりに動画を公開。
(※動画の画面をクリックすると再生が始まります)

小笠原ダイビングの最終日にドブ磯というメインポイントに潜ったときの、ウメイロモドキの群れの動画だ。
ウメイロモドキは群れているとなかなか綺麗な魚だ。
ドブ磯は2回潜る機会あったけど、あんまり好きになれなかったな。
大きな魚とかいて一般には好まれそうなポイントだけど、大味すぎて俺っちはあまり好みじゃない。
あの根の壁に珍しいハナダイとかヘルフリッチがついていたらまた印象が変わるだろうけど・・・。

疲れたまりまくり

2 Comments »


ブログの更新がちょっと滞ってしまいました。
m(__)m
やはり小笠原で9日間潜って、長い移動時間の次の日からお仕事というのはかなり疲れました。
ブログ更新する気力がちょっと・・・。

昨日は、梅田で新人歓迎会で遅くまで飲んで、帰宅したのは午前1時過ぎ。
久しぶりに日本で飲んだ感じ。
あ、小笠原でも飲んだなぁ。
でも、やっぱりお酒飲むのはサイパンのアグライアが一番だ。
料理も美味しいし、のんびりくつろいだ気分になれるし。
飲んで、ホテルも近いので酔っぱらったまますぐ寝れるのも良い。
日本だと、飲んだ後家に帰るのが苦痛。

今日は、お医者さんに行った後に、愛車のRX-7で一人ドライブ (^_^)v
小笠原旅行中に車検をしたので、そのチェック目的のドライブだ。
やっぱり、RX-7で走るのは気持ちいいねぇ。
プラグやオイル類一切を交換したので、ドライブフィーリングが軽い感じ。
そして、ディーラーに行って料金支払い。
ブレーキパッドとかも交換したので、17万ちょっとかかったのが痛い
>_<
まあ、2年前はエンジン交換して80万コースだったので、それに比べればだいぶん安いけど・・・。

明日は何しようかなぁ。
小笠原旅行記でも執筆始めるかな?

今日の写真は、小笠原最終日に撮ったトサヤッコの雄!
ニラミハナダイと同じ場所にいた。
水深45mで撮影だぁ♪

小笠原から帰ってきました。

1 Comment »


小笠原を出たのが5日の午後2時。
そして、家に着いたのが6日の午後8時前。
日本国内の移動なのに30時間もかかってます。
メチャメチャ遠かった。
帰りの飛行機は、小笠原丸が遅れることを想定して最終便を予約していたのだが、海は穏やかで小笠原丸は定刻通り15時半に東京の竹芝桟橋に到着。
速攻で下船して、羽田空港へ。
空港で、JALのクラスJをキャンセル待ちしたらあっさり乗れた。
キャンセル待ちするときは、JAL上級会員のありがたさが実感できる。
(^_^)v

小笠原の海は近ければ良い海だと思うが、関西からだと30時間もかかることを考えるとそれだけでかなりのマイナスポイントとなってしまう。
お金も海外に行くよりかかったりする。
そんなことをトータルで考えると頻繁にリピートする気にはなれないけど、また何年か後には行きたくなるかも・・・。
今度行くとしたら、暖かい&透明度が高い時期にしたいな。
ショップは、またDeep Blueさんを使いたい。
気持ちの良いサービスだった。

今回の収穫は、なんといってもトサヤッコ!
ちゃんと見れました。最終日に!
ヒヤヒヤさせて、ちゃんと最終日に見せてくれるDeep Blueガイドの田中さんは演出家だ。
小笠原では、結局9日間で23ダイブしました。

でも、今日の写真はニラミハナダイなのだ。(^_^)
出し惜しみしてます。
トサヤッコの写真は近日中にこのブログで公開。
雄と雌どちらも見たよ (^_^)v
ニラミハナダイはサイパンで何度も見ていて写真も一杯撮っているのだが、小笠原で撮ったこのニラミハナダイの写真が一番良い感じ。
小笠原のニラミハナダイは44mのところで、流れに向かって止まった状態でホバーリングしていた。
だから、個体数は少なかったけど写真撮るのは楽勝だった。
サイパン(テニアン)のニラミハナダイはウジャウジャいるって感じで個体数は非常に多いのだが、とにかく動き回るので写真を撮るのが困難なのだ。
サイパンでいつも潜っているとそれが普通だと思っていたのだが、運が良ければ1ダイブでニラミハナダイ&ケーブアンティアス&ヘルフリッチ&ヨコシマニセモチノウオ&スミレナガハナダイを全部見ることができるテニアンフレミングは、実はスゴいところなんだと今回思った。
小笠原で潜って、あらためてサイパンの海のすごさを実感。
サイパンはポイント数は少ないけど、1カ所で見れるレア物の凝縮度がスゴい。
そして、小笠原ではニラミハナダイやケーブアンティアスやヨコシマニセモチノウオは緩斜面にいたのだが、サイパンではこいつらはドロップオフで見かけるのが普通。ニラミハナダイはテニアングロットの緩斜面にもちょっとだけいるけど・・・。
地域によって、生息している環境がこんなに違うってのもちょっと驚きだ。
深場という所は共通してたけどね。

日曜日に日記が更新できなかったのは、小笠原で唯一インターネットができる情報センターが休みだったからなのだ。
小笠原のインターネット環境は最悪だと思った。
次にもし小笠原に行くときは、インターネットが気軽にできるような環境になってからだな。
そして、昨日(月曜日)は小笠原丸で移動中だった。

ここ数日は、小笠原ネタでブログが更新できそうだ。(^_^)

今日も寒さに負けず元気に3ダイブ

今日も寒さに負けず元気に3ダイブ はコメントを受け付けていません。


今日も相変わらず太陽は出ない。
朝から雨。
気温も下がって、昨日よりちょっとダイビングには辛い状況。
でも、3ダイブしてきました。
体が20℃の海に順応してきたぁ!
今日の1本目は、透明度も良くいい感じ。
サイパンでは50m近く行かないと見られないヒレナガヤッコが15mぐらいにいるのでビックリ。
オキナワのヒレナガヤッコも浅かったので、サイパンのヒレナガヤッコが深すぎるのかも?

こいつは雄のヒレナガヤッコ。
ヒレナガヤッコはハーレムを作る魚なので、雌はいっぱいいた。

パープルクイーンもいい感じで群れいていた。

このあと、20m付近で極小ピグミーシーホースを観察。
写真には写っているのだが、たぶんアップしてもどこにいるのかわからないだろうから、アップは無し。
 
2本目は、ちょっと透明度落ちた感じのところでドリフト。
トサヤッコを探したけど、見つからず。
(Q_Q)↓
ヒレナガヤッコはいっぱいいたんだけど・・・。
ヒレナガカンパチの群れがなかなかのもんだったけど、ちょっと小ぶりだったな。

3本目は滝の浜というところで潜った。
珊瑚は立派だったけど、綺麗な魚はあんまりいない感じ。。
ミヤケベラの♂の写真を撮れたのは良かったな。

さあ、3本潜るのは明日が最後。
どこに行くのだろうか?
トサヤッコとの遭遇ははたして????

イルカとクジラ

2 Comments »


今日の小笠原の天気は、曇り時々雨。
昨日弱い太陽をちょっと見ただけの小笠原。
でも、今日は曇っていたけど、気温はやや高め。
昨日からDeep Blueさんのレンタルウエットスーツで潜っている。
俺っちの持ってきたウエットスーツも5mmでレンタルも5mmなのだが、俺っちのウエットスーツは300本以上潜ったウエットスーツなので、薄くなっているし脇の下に穴も空いているので、寒い小笠原には辛いウエットスーツ。
Deep Blueさんのウエットスーツは見た目は新品同様でいかにも5mmって感じで暖かそうだったので、寒さがお金で解決できるならということで、レンタルすることに決定。
昨日、レンタルウエットスーツで潜ったら、体感で1℃ぐらい暖かくなった感じ。
これなら、1日3本のダイビングも楽しめるぐらい。
そして、今日も同じレンタルウエットスーツで潜ったのだが、今日は海は冷たいと感じるけど、震えるほどではない。
どうやら、体もこの冷たい海にかなり順応してきた模様。
今日の3本目は、お客さんが俺っち一人の贅沢ダイビングだったので、安全停止を多段階でじっくりして浮上したのだが、全然寒くなかった。
(^_^)v
この冷たさに慣れた状態で、今度はサイパンに行ったら海が熱湯に感じたりして・・・。
ということで、残り2.5日ですが、やっとダイビングがのんびり楽しめる状態になった。
残りのダイビングで、ミズタマかトサヤッコに会えると良いな。
残り期間&天候を考えると、マグロ穴は無理そうだ。
イソマグロ自体は珍しくはないが、イソマグロの巨大な群れってのも見てみたかった。

今日は、水中では特にレア物は見なかったが、水面休息中が凄かった。
まず、ミナミハンドウイルカ君が登場。
Deep Blueさんは、イルカスイムをさせてくれた。
そのときに撮った写真が今日のタイトル写真。
ドルフィンスイムをしたのは、ハワイ島以来2度目だ。
あのときも、ダイビングの水面休息中だったなぁ。
イルカは優雅に泳いで可愛かった。

そして、イルカがいなくなったと思ったら、今度はずーっと沖合でクジラのブローが何本もあがっていた。
今度は、ホエールウォッチに変更だ!
Deep Blueの田中さんが船をクジラの方に近づける。
かなり長い間ホエールウォッチさせてくれました。
満腹です! m(__)m
クジラは最低でも4頭はいた。
極めつけは、ブリーチ!
クジラのジャンプです。

すごかった。
GWにこんなにクジラを贅沢に見られるのは希なことらしい。
「まるで3月のようだ」
とDeep Blueのガイドの田中さん談。
下の写真がブリーチ後の水しぶき。

今日のイルカとクジラで小笠原の好感度アップです。
(^_^)
太陽が出てもっと南国雰囲気あればいうこと無いのだが・・・。

ここで水中の話をちょっと。
小笠原のギンガメアジはでかい!
ギンガメアジは、パラオ、サイパン、ハワイ、パプアニューギニア、オーストラリアで何度も見ているが、どこもそんなに大きくなくて同じサイズ。
でも、小笠原のギンガメアジは2倍ぐらいある。
ぱっと見たら、大きさからロウニンアジ?って勘違いするぐらいでかいのだ。
イソマグロも2m級のが編隊組んで泳いでるし、迫力ある。
それと、タテジマキンチャクダイがいっぱいいる。
いっぱいいるわりに幼魚を見ないなぁ・・・と思っていたら、今日の3本目のエビ沈と言うポイントで2cmぐらいの幼魚を見つけた。可愛かったなぁ。
でも、うまく写真に撮れなかった。