小笠原ダイビング旅行記執筆開始

1 Comment »


さっきから、小笠原ダイビング旅行記を書き始めました。
最初は、小笠原丸乗船記からになります。
残念ながら、まだ公開できるほど完成してない。
でも、写真はレイアウトしたので、小笠原丸乗船記は近日中に公開できると思います。
会社から早く帰れるか、残業がいっぱいあるかで、公開日が変わってくる。
(;^ω^)
とりあえず、小笠原丸乗船記の写真を1枚公開。
2等船室の風景。
俺っちには、こんなプライバシーの全くないところで一昼夜過ごすのは、100%無理!
大半の人が、この2等船室で小笠原に渡るのだから、小笠原のリピータってある意味スゴいと思う。
だから、小笠原リピータは濃い人(?)が多いのか?

今日は、予定通り午前中は免許更新に出かけた。
あんまり混んでなくて、9時半からの2時間講習を受けて、帰宅したのが12時頃。
2時間講習といいつつ、1時間半だったのはありがたかった。
今回の運転免許更新所の人たちは、横柄なところは感じなかった。
改善されたって感じ。
それと、以前は更新料を払う窓口で、安全協会の入会を同時に勧められてウザかったのだが、それが無くなっていた。
今は、別窓口になっていた。
以前は、協会費を払う人が大多数って感じだったが、窓口が別になったので大半の人が無視するようになっていた。
でも、安全協会の会費徴収が社会問題化した時に、警察がグルになって免許更新の連絡はがき業務を警察が安全協会に委託できるように法律改正したので、協会費を払ってもらわなくてもその委託費で運営できる仕組みに変わっているのだ。
それ以前は、安全協会費を払った人にだけ免許更新のお知らせはがきが来ていた。
警察も大事な天下り機関を守るために法改正までしてがんばったのだ。
ということで、安全協会費を払うのは無駄無駄、って俺っちは思っている。
しかし、免許更新の講習ってやる気なしってのがはっきりわかる。
今時、OHPを使うってのはどうよ?
その部屋にはちゃんとビデオを写すためのプロジェクターは存在している。
さらに、OHPの焦点がスクリーンに全く合ってないので、文字がボケボケ。
俺っちは、一番前の席だったのだが、一番までもボケて何が書いているのか読めなかった。
OHPの焦点も合わせられないオッサンが講習してるってだけで、講習のレベルがしれるってもんだ。

今日はのんびり、明日は免許更新

今日はのんびり、明日は免許更新 はコメントを受け付けていません。


今日は、まったりとした一日。
したことといったら自動車重量税を払い込みに行ったぐらいだ。
39500円也。
高いねぇ。
明日は、免許更新のために早起きして、出かける予定。
3年前に、スピード違反で免停になっているので、2時間のアホくさい講習を受けなければならない。
更新センターにいる職員の話って、全然役に立たない&くだらない&態度悪いと良いとこなしなので、この2時間が苦痛なのだ。
警察の天下り機関のくだらんじじいの話を明日は聞かなきゃならないと思うと、ゾッとするなぁ。
ちなみに、俺っちこの世で一番嫌いなのは警察とやくざ。
形式上は正反対な2団体だが、どっちも同じようなもんでしょ。

今日の写真は小笠原で撮ったレンテンヤッコ。

忙しい!

忙しい! はコメントを受け付けていません。




ユウゼン玉

ちょっと、最近仕事でトラブルを抱えていて、精神的に重い。
一番の問題は、このままでは来月の誕生日を海外リゾートで迎えられそうにないこと。
これが一番の悩みだったりして・・・。
(;^ω^)

特に今日は話題はない。
そういえば、中国に災害救助で人が派遣されるみたいだけど、本当に必要なのか?
人を生かせる費用で毛布なり水を送った方が実効的なんじゃないかなぁ。
そもそも中国は人民解放軍があって、人はいっぱいいる国だ。
日本人が、勝手がわからない地域に行っても、実効的に動けるとは思えない。
ヘリや飛行機で、救援物資を空から投下するのが一番効果あるだろうな。
日中友好のポーズにはなるかもしれないけど、意味なしって感じだ。
人の派遣なんて受けても意味ないと思っているから、中国も他の国からの派遣を断ってるんだと思う。
だいたい、日本人はボランティアの押し売りというか、自己満足っていうか、そういうのが目につくんだよなぁ。

最近、動画を連日アップしているが、今日も動画。
俺っちのHPは自サーバーを立ち上げているので、容量制限がないので、動画使い放題なのだ。
100Mの動画でも問題なし!
自サーバーなのでPHPのファイル容量制限も、好きに設定できる。
ちなみに、サーバーは、
Pentium III 650MHzというかなり古い年代物のCPUだ。
昔のCPUは消費電力&発熱量が少なくて、CPUパワーをあまり必要としないサーバーにはぴったり。
発熱がほとんど無いのでファンの音も小さい。
CPUがしょぼい割に、サーバーなのでメモリーは768M積んでいる。
OSはwindows XP。
HPはApache 2.0.63。
データベースソフトにはPHP5.2.5を使って構成しているのだ。

今日は、ユウゼン玉の動画だ。
小笠原では、GW頃にユウゼンの群れが見られるようだ。
キホシスズメダイが珊瑚に産卵する時期に、ユウゼンがその卵を狙って集まってくるらしい。

キャノンはやっぱり嫌いだ

キャノンはやっぱり嫌いだ はコメントを受け付けていません。


[videopop vid=”1210772887″ vsize=320]
小笠原で連日プチ水没を繰り返したキャノンのG9。
先週末に、キャノンにカメラとハウジングを修理に出した。
カメラは、海水の影響でボタンが腐食したため。
内部の影響はわからないが、動作上は問題ない。
そして、ハウジングはどこからか漏れているのは間違いないので、調査と修理に出したのだ。
ちなみに、俺っちはダイビング始めた最初から(本当にOW講習の最初から)、オリンパスのC-5050を使っていて今まで600本程度潜っているが、そちらでは一度も水没させたことはない。
つまり、オリンパスで一度も水没させたこと無いぐらい几帳面な俺っちなので、これだけ連日水没するのはOリングのセッティングとかの問題ではない。

で、今日キャノンのサービスセンターから電話があった。
カメラは、内部に腐食が見られるので、修理するのになんと3万円!
新品かっても5万円のカメラなのだが・・・。
そして、ハウジングはボタン類とかではなくて、Oリングにゴミがついていてそこから漏れているという。
俺っち何度も、Oリングはチェックしたし、綺麗にした後グリースも塗ってちゃんと使っていたのだが・・・。
それでも頻繁にプチ水没。
ちょっと、Oリングのゴミが原因とは考えにくい。
といっても、サービスセンターの見解では、Oリングのゴミらしい。
しっかりチェックした結果と言うことなので、イマイチ納得いかないが、Oリング交換で帰ってくることになった。
今回は、カメラもハウジングも、保証は効かないらしい。
これが、技術料込みで3千円ちょっと。
結局、修理代の総額は3万5千円程度。
仕方ないので、今回は修理したけど、次またプチ水没したらゴネルぞ。(゚Д゚)ゴルァ!!って!
もし水没したら、どこから水没しているのか自分で調べることにする。
ちなみにキャノン嫌いの俺っちが、何を血迷ったかキャノンのG9買っちゃったんだよなぁ。
買わなきゃ良かった。
たいして良いカメラじゃないし。

しかし、今回のダイビングは国内だから修理代かかったけど、これがサイパンとか海外に行っていたら保険で修理できたのに・・・。
運悪い! 
まあ、怪我、盗難、カメラ落として壊したとかで、これまで海外旅行傷害保険には3度もお世話になっているので、たまには仕方ない。

今日の動画も小笠原で撮ったもの。
パラオのウーロンドロップオフにいるツバメウオは臆病で気配を感じると深場に一気に逃げるけど、ここのツバメウオは全然逃げない。

小笠原のお見送り

2 Comments »


小笠原では、船が出航するときの”お見送り”という儀式があるようだ。
小笠原のダイビングショップのボートやホエールウォッチのボートとかが、出港する小笠原丸と併走して湾の外まで見送るのだ。
併走する船は、小笠原丸の両側あわせて10隻前後だった。
そして、小笠原丸で本土に帰る乗客は、見送り船に向かってずーっと手を振り別れを惜しむ。
通は、「さよならぁ~」とは言わずに、「行ってきまぁ~す」と叫ぶようだ。

俺っちは、今回見送る側と見送られる側の両方を体験した。
この動画は、見送られるときに小笠原丸から撮影したもの。
小笠原丸の左舷の光景。
右舷の方がお見送りの船がちょっと多い。

[videopop vid=”1210507224″ vsize=320 vinline=”true”][/videopop]

で、俺っちの感想としては、飛行機で飛び立って、今までいた街を上から見て離れていく方が好きだと思った。そっちの方がセンチな気分になれる。
リゾート大好きな俺っちには、船のお見送りは爽やかさが・・・。
ちょっと重すぎるのだ。
その重い雰囲気が情緒があって良いと感じる日本人の方が多いだろうけど、俺っちは考え方が日本人的じゃないので・・・
(;^ω^)
でも、燃料代が高いこのご時世に船をだして見送ってくれるという島全体のサービスには感心した。
いい習慣だと思う。