オアフ島西でダイビング

オアフ島西でダイビング はコメントを受け付けていません


s-IMG_0343

【オアフ島 沈潜マヒのグレートバラクーダ】

今日は西でのダイビング。
お客さんは俺っちを入れて6人。
ガイドは、もちろんZXDIVINGのきこさんとジムさんのPADIコースディレクターコンビというかご夫婦。
ジムさんが4人家族の担当で、俺っちと女性のSさんはきこさんがガイド。

一本目は西の有名ポイント沈潜マヒ。
俺っちは沈潜・マヒはあんまり好きじゃなかったりするので、マヒで潜るのは久しぶりだったりする。
俺っちの西でのお気に入りはブラックロックなのだ。

ナイトロックス36%のタンクを使う俺っちは人より長く潜れるので、ポイントについたらさっさと準備して潜降。
やや流れ強かったけど、俺っちにとってはアンカーライン無しでも降りれるレベルだったので、ヘッドファーストでフリー潜降。
潜降中に船からちょっと離れたところに大きな魚がいた。
ハタ科の魚かな?と思いつつ、潜降をちょっと中断してそっちに泳いでいった。
近づくと、グレートバラクーダであった。
写真では大きさがよく伝わらないが、丸々太っていて、1mは優に超えるサイズ。
オアフ島ではバラクーダはあまり見かけないので、久しぶりの沈潜・マヒもなかなか楽しませてくれる。

そして、マヒに向かってまた潜降。
途中で潜降してくるダイバーを観察。
s-IMG_0348
オアフの海は透明度良いですねぇ。
青い海は最高!

マヒの甲板には、ハワイ固有種のチョウチョウウオであるマルチバンドバタフライ。
s-IMG_0351

そして、沈潜の横に降りるとヨスジフエダイの群れ。
s-IMG_0362

ナイトロックス36で潜っていたけど、安全ダイバーな俺っちは無理せず浮上開始。
俺っちはアンカーライン使わずに、5mの安全停止バー向かって徐々に浮上していく。
流れに逆らってフィンキックしながらゆっくり浮上するのは良い運動だ(^_^)
きこさんとSさんは浮上するためにアンカーラインに向かう。
s-IMG_0373

船にあがると、ハムサンドとパイナップルがいつものように用意されてあった。
西のボートは水面休息中にハムサンドとパイナップルが食べられるのがGOOD。

そして、2本目はマカハカバーン。
ここも透明度は良かった。
マカハカバーンはシャローポイントでちょっと透明度が落ちることもあるのだが、今日はかなり良い感じに抜けていた。

s-IMG_0377

2本目も俺っちはさっさと準備して、真っ先にエントリーして水底でみんなが来るのを待つ。
800本も潜っていると、準備も早くなるんだな(^_^)

きこさんとSさんも潜降してきてダイビング開始。
ハワイ固有種のチョウチョウウオのミレッドシードバタフライ。
オアフ島に一番多くいるチョウチョウウオだと思う。
このレモン色は本当に綺麗だ。
s-IMG_0392

そして、日本でも普通にいるミゾレチョウチョウウオ。俺っちはミゾレチョウチョウウオの頭の部分が青いのが気に入っている。
一度じっくり頭のところの色を観察するのをお薦めします。
s-IMG_0394

マカハカバーンは小さな穴がいっぱいあるポイントなのだが、その穴の周りにはモンツキアカヒメジがのんびり浮かんでいる。
s-IMG_0410

アオウミガメも当然見ましたよ。
オアフ島ではアオウミガメを見ないでエグジットする方が難しいのだ。(;^_^A アセアセ…
このカメとは結構長い時間一緒に泳いだ。
まだ子ガメだった
s-IMG_0414

今日も透明度が良くて楽しいダイビングでした。
ZXDIVINGのきこさんには感謝。m(__)m
オアフ島でダイビングするならZXDIVINGが絶対お薦め。

夜はお酒が飲みたくて、”あきのの”という居酒屋に行った。
この”あきのの”では伊藤由奈の曲がずーっとかかっていたが、このお店では伊藤由奈のご両親が働いているということだった。
働いているんじゃなくてもしかして、この店のオーナーなのかな?
日本酒を3合のんでほろ酔い気分でホテルに戻って、バタンキュー! (_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)
さあ、明日はどんなダイビングが待っているんでしょう?

明日も楽しいダイビングお願いします m(__)m
 

Comments are closed.