久しぶりの日本でマッタリ

久しぶりの日本でマッタリ はコメントを受け付けていません


s-img_1895

【オーストラリア スピリットオブフリーダム】

昨日のオーストラリアからの帰国は大変だった。
ホテルを出てから家に帰るまで、なんと22時間もかかってしまった。
ケアンズからゴールドコースト経由で関空に帰ってきたのだが、ゴールドコーストから関空に向かう便の出発が4時間遅れ。
本当の乗り継ぎ時間は2時間だったので、結局6時間も空港でぼーっと過ごすことに。
また運の悪いことにゴールドコーストの国際線ターミナルは超ショボイ。
レストランとかそんなのは全くなくて、6時間も待っていると気が狂ってきそうになるぐらい退屈になる場所。
ゴールドコーストからの飛行時間は9時間で、もう、クタクタになって帰ってきました。
やっぱり直行便がないところは疲れる。

あ、昨日は先日購入したLUMIX-TZ7をゴールドコーストの空港で落下させてしまって、液晶が壊れた不幸もあったなぁ。また海外旅行保険請求しなきゃ。面倒だ。
今日は、その壊れたデジカメを修理に出しに行った以外は家で、マッタリ休養。
体の疲れはまだ取れ切れてない。
まあ、7日間潜りまくった上に長時間の移動だったから、疲れが1日で取れないのは仕方ない。
今日が出社日だったら最悪だったな。

さて、話は変わって、グレートバリアリーフでの5月1日のダイビングでのお魚写真紹介。
s-img_1987
2日前は雌の写真を紹介したが、今回はヤイトヤッコの♂なのだ。
ヤイトヤッコは、日本では結構珍しいので、キンチャクダイフェチの俺っちとしては非常に嬉しかった。
写真も良い感じで♂♀ともに撮れたし。(^_^)v
ヤイトヤッコはピクシーピナクルというポイントとプリンセスモーリングという2カ所で見た。
いずれも、ガイドさんより深めを探索していて発見。
ピクシーピナクルでは、タテジマヤッコもいた。
s-img_1898
キンチャクダイ系が好きな人には、ピクシーピナクルは良いポイントだな。
タテジマヤッコもヤイトヤッコも水深25mぐらいのところにいた。
エンリッチエアーで潜ればじっくり粘れる深さなのでちょうど良かった。
あと、近くに性転換途中と思われるスミレナガハナダイもいた。
s-img_1903
まあ、スミレナガハナダイはサイパンでいくらでも見れるので、俺っち的にはあまり興奮しないのだが、見て綺麗な魚ではある。
今回グレートバリアリーフで24本潜ってスミレナガハナダイを見たのはこれだけ。
潜る水深が全体的に浅めなので、見る機会がなかったのかなぁ。
これ見たときも、ガイドさんより8mぐらい深いところを勝手に探していて見つけた。
たぶん、ヤイトヤッコもスミレナガハナダイも他のお客さんは見てないと思う。
潜る前にガイドさんには、「放置プレーでお願いします」って了解を取ってから行動してました。
(;^_^A アセアセ…
オスプレーリーフに行ってたら、いっぱい見れただろうけど・・・。
あ~、オスプレーリーフに行けなくて本当に残念だ。

さて、今日の写真最後は、メラネシアンアンティアス。
s-img_1928
メラネシアンアンティアスはグレートバリアリーフのどこのポイントで見ることが出来る普通種だけど、綺麗です。

 

Comments are closed.