そんな海底捞みたことない

No Comments »


今朝、おかしなネット記事見かけた。

海底捞が300店舗ほど閉店予定という事に関する記事の中で、一人500元ぐらいの海底捞高級火鍋屋とか・・・。

一部抜粋すると

えー!
ソファーに座って食べる海底捞なんてあるのか???
さらに、ナイトクラブスタイルと・・・。

確かに鍋は区切ること出来るけど、あれみんなで違う味を楽しむためで、一区画一人ずつじゃないとおもうけど・・・。

そもそも、あのゴムのような牛肉を、具材の「精鋭化」って、この人舌がおかしい。

極めつけが、

最低で500元とか・・・。

この人はいったいどんな海底捞に行って記事書いたんだ?
それ海底捞じゃないよね。
というか、最低500元の火鍋屋は探すほうが難しいぞ。

海底捞は、低価格だけど抜群のサービスで、庶民に受けたはずだけどなぁ。
娘たち御用達の安い店なのだが・・・。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

今日は、午前11時前に、白玉兰モールへおでかけ。

滴滴で車呼んで、10分ぐらいで家から来れた。
料金も11元ぐらい。

初めてきたと思ってたら、モールに入ったら一度見た感じがして、よく考えたら前に一度来てた。

新しいラーメン屋ができたらしいので、食べに来た。

店舗は、明るくてきれいな感じ。

ラーメン屋っぽくない。

午前11時過ぎと時間が早かったからか、お客さんは、他に一組いただけ。

店イチオシの、塩ラーメンを注文した。

麺は熱々だったけど、具材の影響下スープが冷めている箇所があって、麺を使って混ぜると、スープの温度が均一になって、まあなんとかなった。
具材でスープが冷めちゃうのはなんとかしたほうが良いんじゃないかな。

自分は、博多一幸舎みたいな臭いラーメンは、まった受け付けないタイプなのだが、このラーメンはニオイ無しで良かった。

塩ラーメンなので、澄んだ感じを勝手に想像していたが、かなりドロドロしたスープだった。
ドロドロしているのに、あんまりコクがないと感じた。

このラーメン33元。
まあ33元の値段なりだと思った。

自分には、屯ちんラーメンの方が断然良いな。
屯ちんラーメンは値段高いけど、美味しい。

帰ってきてから、晩御飯に備えてお散歩して、カロリー消費。

憧れのアパート群。
1m2が19万元ぐらいらしい。

中国の車は、おしゃれだ。

天気もよく、お散歩気持ちいい。

お散歩後は、お家でのんびり。
晩御飯に備えて、今度は体力回復。
(●^o^●)

夕方になって、今日は公共交通機関を使ってGO!

浦东大道が完全開通したので、445号とか新川線とかの暫定迂回ルートが5日から変わるらしい。
バス時刻表の貼替え作業中。

鳥蔵・極も、クリスマスデコレーションしてた。

ちょっと早め・営業開始時間前に着いたら、中村さんが穴子の仕込み真っ最中。

手際よく、穴子がさばかれていく。

今日から12月新メニュー。

今日も美味しゅうございました。

カウンターで隣に座った、一人でこられていたご年配の中国人の日本語が上手。

話をしていると、自分の会社と付き合いがある会社の人(社長?)だとわかって、それから話が盛り上がり。

期限の良くなった社長さん日本酒一本入れて、カウンターに座っていた広東から来られていた若夫婦客も含めて、日本酒をみんなで飲んだ。

中村さん手作りデザートで〆

関連する記事はこちら:

Leave a Reply