帰国。疲れたぁ・・・。

帰国。疲れたぁ・・・。 はコメントを受け付けていません。


【パラオ 干潮の時にだけ現れるオカマン島のロングビーチ】

午前0時10分にホテルを出て、グアムー名古屋を経由して、神戸の自宅にたどり着いたのが午後2時。
14時間の移動でした。
ハワイからの帰国とほぼ同じ時間だけど、飛行機に乗る時間が2時間、3時間とそれぞれ短くて、乗り継ぎも2時間ぐらいなので、全然寝れない。
と言うことで、徹夜で移動していたような感じで、超クタクタ。
メチャメチャしんどいです。
やっぱりパラオに行くのは、乗り継ぎがあって疲れる。
このつらさがあるから、なかなか行く気にならないってのもある。

予想外に、パラオーグアム、グアムー名古屋のどちらも空席があった。
ただ、グアムー関空便はオーバーブッキングだったようで、ボランティアを呼びかけていたなぁ。
なんだかんだ言っても、セントレア空港より関空の方が利用客が多いんだな。

あ、パラオーグアムの飛行機では、アントニオ猪木と一緒だった。
歩く歩幅も狭くて、歩くのが辛そうで、全然オーラがなかったなぁ。
もう年だね。

さあ、明日から仕事。
やだなぁ。

最終ダイブでバショウカジキと遭遇!

最終ダイブでバショウカジキと遭遇! はコメントを受け付けていません。


今日は、パラオ最終日。
早朝ダイビングで2本潜ってきました。
2本ともブルーコーナー。
1本目は上げ潮で、2本目は下げ潮。

今日の深夜というか4日の午前2時過ぎに飛行機に乗るので、ナイトロックスを使って浅場のダイビングを心がけた。
そして、浅場ダイビングするならカジキ狙いでしょってなわけで、俺っちは他の人やガイドの人たちより、沖めで浅いところをドリフト。
そしたら、当たりました!

2本目でバショウカジキが狙い通り登場!
俺っち見つけたからホーンを鳴らしたら、3人のガイドさんの一人は見れたみたいです。
でも、透明度はそれほど良くないパラオ。
そして、俺っち以外は水深15mぐらいでドロップの壁よりにいたので、他のゲストの皆さんは見られなかったようだ。
肉眼ではバショウカジキのヒレもみたけど、パラオの透明度では写真には写らなかった。
もうちょっと近かったらなぁ・・・。
これがサイパンの海だったら、余裕で写真に写る距離だったんだけどなぁ・・・。

それにしても、初日にハンマーヘッドシャーク、最終ダイブでバショウカジキと遭遇なんて、俺っちの運は凄すぎ!
これで帰国してドリームジャンボが当たっていたらどうしよう・・・。(^_^)

結局2本潜って、ダイコンの搭乗禁止時間はUWATECが12時間で、Oceanicが15時間。
ダイビング終わったのが10時だから、午前1時には搭乗OK!(^_^)v
窒素残留量バッチリ調整の2ダイブでした。 m(__)m
窒素が読める男です! <(`^´)>エッヘン。
でも、あれエアーで潜ってたら、搭乗禁止は22時間コースだなぁ・・・。

さあ、今度はアサヒハナゴイを見にまたパラオに来ようと思う。

クルーズコントロールの皆さんありがとう。

今日はシアストンネルで充実のダイビング!

2 Comments »


今日は、リクエストを聞いてくれて、ウーロン方面でのダイビング♪
1本目は、シアストンネル♪
今日のガイドは、優香似のチャーミングなAyumiさん。
Ayumiさんは、「自由にしていいよ」って俺っちにとってはありがたい一言。
そんなお言葉に甘えさせてもらって、深場探索に行って参りました。
深場で滞在時間が限られる中、色々狙ってもしかたないので、今日はストッキー・サンド・タイルフィッシュ狙いにした。
で、シアストンネルの斜面に降りると、アケボノハゼとストッキー・サンド・タイルフィッシュがいっぱい!
探す手間は全くなし! 辺り一面、アケボノハゼとストッキー・サンド・タイルフィッシュって感じ。
だから、アケボノハゼとストッキー・サンド・タイルフィッシュのツーショットも取れたりした。(^_^)v

ツーショットと言うより、もう一匹アケボノハゼの尾が写っている。
そして、洞窟の中に入って、コリンズエンジェルを見て、バージェスバタフライも久しぶりに見た。
どちらも、ガイドのAyumiさんが見つけていてくれたところに、ちょうど合流できたのでラッキーなことに、見れた。
深場にいったので、バージェス探す時間がないとあきらめていたんだけどね。

いやぁ~、シアストンネル最高!
1日3本シアストンネルでいいんだけど・・・。

2本目はシアスコーナー。
ホシカイワリとグレイリーフシャークのアタックが迫力合った。
レモンチョウチョウウオも綺麗だったなぁ。

結構レアだと思うのだが、パラオに来るダイバーは何故かあんまり関心を示さない。
パラオは大物以外にも、レアな魚がいっぱい。(*^。^*)

シアスコーナーではオオテンハナゴイを今日はいっぱい見れた。
俺っちお気に入りのハナゴイなんのだ。

カレントフックかけて、ドロップオフ側の大物を観賞中に、視線を下におろすと、そこにはタテスジハタがいた。
こいつはサイパンにも居るのだが、サイパンでは水深50mぐらいの所にいるので、あまり見る機会がない。でも、本当はこいつの幼魚の方が見たいのだが・・・。

この骸骨チックな魚体がいい味だしています。

3本目はウーロンチャネル。
チャネルに入る手前で、メアジの群れとそれにアタックするホシカイワリ&グレイリーフシャーク&ナポレオンの迫力ある光景をしばし観察。

大物じゃないけど、メアジの群れは見応え充分!

ハナビラクマノミなんかパラオじゃ見向きもされないようだけど、やっぱり癒されますな。

明日は早朝で2ダイブ。
深夜に飛行機に乗るので、深場はいけません。
ナイトロックス使って、浅めを潜って窒素をためないのんびりダイビング予定。
あ~、やっとパラオに慣れてダイビングが乗ってきたのに、残念だ。
まあ、また近いうちに来よう。
クルーズコントロールさんだと、チーム編成にある程度気を遣ってくれるので、チャーター便が飛んでいる時期に来ても楽しめそうだ。

あ、昨晩は元旦だから豪勢に食おうと思って、マングローブ蟹とか色々食って、飲んでしてたら一人なのに80ドルになっちゃった。(;^_^A アセアセ…
パラオはホテルと居酒屋はサイパンより高いと思う。

パラオより、あけましておめでとうございます!

2 Comments »


あけましておめでとうございます!
本年も、Dive to Blueをよろしくお願いします。 m(__)m

さて、元旦も当然ダイビングです。
パラオの外洋で3本潜ってきました。

今日の1本目はブルーホール。
ガイドは昨日と同じ人だったので、俺っちはマルチカラーエンジェル狙いで好きにさせてくれた。
他のお客さんはあまり経験本数が無いようだったので、エントリーして俺っちは一人で目指す場所一直線。
※当然ガイドさんの許可は得ている。
洞窟の入り口付近で、ミナミハタとご対面。
そして、ラッキーなことに、ブルーホールの中にはダイバーが一人もいない。
マルチカラーエンジェルを探すには最高のコンディション。
そして、一人で探すこと約5分。
情報を得ていた場所より浅いところに発見。
ダイバーは俺っちだけなので、独り占め状態で写真撮りまくった。
充分堪能したところで、ガイドさんがお客さんを引き連れてホールの中に入ってきたので、俺っちはマルチカラーエンジェルのいる場所を教えて、今度は水深40mまでちょっと探索旅行。マルチカラーエンジェル狙いで結構窒素が貯まっていたので、深場に長居は出来なかったのでレアものは見つけられず。

フチドリハナダイもきれいだったなぁ。
外洋に出る穴に、ナポレオンが入ってきた。

いい感じの写真が撮れた。 (^_^)v

2本目はブルーコーナー。
今日のブルーコーナーは当たりだった。
定番のサメは当然。

大きなイソマグロや、ツムブリの群れ。
バッファローフィッシュがドロップオフ側でファイティング!

ブラックフィンバラクーダの群れも後半で遭遇。

今日のブルーコーナーは適度な流れで気持ちよかった。
クルーズコントロールのガイドさんの動きもだいぶんわかるようになって、俺っちもダイビングしやすくなったので、ここ数日はダイビングが充実してきた。

昼食は、ロングビーチに上陸して食べた。
ロングビーチは綺麗だったなぁ。
運良く昼食時が干潮だったので、綺麗なロングビーチを見ることが出来た。
これでロングビーチ観光ツアーに行く必要がなくなった。
ロングビーチの写真や動画も撮ったので、帰国したらその辺の写真も徐々に公開します。

3本目はジャーマンチャネル。
今日のジャーマンチャネルは冷水塊が入ってきていたので、超冷たかった。
水温22度。ビックリの寒さで、マンタを見るどころではなかった。
マンタは5枚出た。
他の人は4枚しか観ていないが、俺っちはさっさとエントリーしてみんなを待っているときに1枚見たのだ。

ダイビングを終えて、ショップ(クルーズコントロール)に戻ると、お汁粉サービスがあった。
お正月気分が味わえて、心が和んだ。
クルーズコントロールは接客サービスはかなり上級レベルだと俺っちは思う。
ダイビングもナイトロックスが使えるのも嬉しいショップだ。
普通にお勧めできるダイビングショップだ。

さて、ダイビングはあと2日間で残り5本予定。
明日は、深場の魚一本勝負したいなぁ。

パラオダイビング5日目。そして大晦日。

パラオダイビング5日目。そして大晦日。 はコメントを受け付けていません。


今日も元気に3本ダイビングしてきました。
天気は晴れ! 5日目にしてやっと晴れたって感じかな。

今日のポイントは、バージンブルーホール、ブルーホール、ニュードロップオフの3本。
バージンブルーホールは魚がほとんど居ないので俺っちはあんまり好きじゃない。
でも、ガイドさんが俺っちがレア魚ウォッチャーだと知って、暗いところに住む珍しい魚を見せてくれた。
その魚の名前を忘れてしまったので、あとで聞いておかなくちゃ。
魚は少ないと言っても、バッファローフィッシュなんかもいた。
こいつは1mぐらいの大きな魚。

かなりの小物なんかもガイドさんは一生懸命探してくれた。
今日のガイドさんはきめ細やかだったなぁ。
若そうだけど、しっかりしていた。

2本目のブルーホールは、俺っちのリクエストを聞いてくれて、マルチカラーエンジェル狙いで20分近く粘ってくれた。
結局、マルチからエンジェルは現れなかったけど、その場で粘ってくれたガイドさんには大感謝だ。
あれだけダイバーが入っていたら、神経質なマルチカラーエンジェルが隠れて出てこなくても仕方ない。

3本目は、ニュードロップオフ。
やや流れの中、俺っちは今日も泳ぎまくった。(^_^)v
そして、棚の上でみんなが観察しているときに、流れているのに気にせずちょっと深場に魚探索。といっても、30mまでしか降りてないけどね。
狙いはオオテンハナゴイだったんだけど、やっぱり居ました。

ニュードロップオフの棚の下にはオオテンハナゴイが結構いっぱいいるのだ。
そして、45mまで降りたらバージェスバタフライなんかも居たりする。

さて、今日は2009年の締めの日。
今年一年健康で過ごせたことに感謝。
仕事はうまくいってないので、来年は良くなればいいなぁ。

ではパラオからメッセージです。

みなさん良いお年を!