2008年末サイパン2日目

2008年末サイパン2日目 はコメントを受け付けていません。


s-img_8986

サイパンダイビング1日目です。
昨日は午前0時ちょっと前にアグライアでの宴会を終え、ホテルに直行。
すぐに寝た。
美味しいお酒を一杯飲んだあとだと、気持ちよく眠れる。
朝は午前6時過ぎにお目覚め、すっきり!
お酒なんて残ってないもんね(^_^)

俺っちにとっては久しぶりのダイビング。
11月の頭に潜って以来だから、2ヶ月弱の間が空いてしまった。
プチブランクダイバー?

今日は、俺っちの好きな深場には行けそうにないポイント予定。
1本目はオブジャン。
オブジャンにしては、ちょっと白濁して透明度がイマイチ。
でも、30mは見えてたけどね。
エグジットのリップカレントはやや強め。
でも、別にマスク飛ばされるほどではないし、たいしたことないと俺っちは思った。
で、エグジット後に駐車場に戻ると、俺っちのことを知っている他店のインストラクターが、「腹出たんじゃない?」って言ってからかってくる。
午後からボートダイブ2本なので、オブジャンは1本で終わりで、ショップに戻ってお弁当。
これが俺っちには失敗だった。
俺っち好き嫌いが超激しい、偏食家。
今日のお弁当じゃぁ食べれるのはご飯ぐらいだ。
_| ̄|○
皆さんには美味しいお弁当みたいだったけど、こういうときに好き嫌いの多い人は困る。
(;^_^A アセアセ…
明日から、俺っちはいつものように外に食べに行くことにする。
明日は、アグライアかムーミン村での昼食としよう。

ご飯食べたあと、1時間ぐらい昼寝して、ボートダイビングへ!
今日乗る船は、最近サイパンに就航したダイビング専用船。
かなり大きい、サンライダーというボート。
ダイビング専用船だけあって、快適な作りだった。

向かったポイントはアイスクリーム。
近頃は、イーグルレイシティにはすっかりマダラトビエイがいなくなったのだが、その分アイスクリームに多くマダラトビエイが出るようになったようだ。
ポイントにつくと船いっぱい。
これじゃぁ、エイは逃げていないだろうと思ったが、予想に反して40枚ほどいた。
でも根ノ上には5枚ほどで、多くは根から離れたところにいた。
透明度は悪くて、20mぐらい。
だから写真にはほとんど写らなかった。
透明度が悪いときのアイスクリームは俺っちには楽しめないな。

本日3本目のポイントは、インリーフの沈潜。
流れは、結構あり。
ボートが沈潜とかなり離れていたので、沈潜にたどり着くまでけっこう疲れたぜ。
(;。;)
透明度はまあまあ。
ベースは悪くないのだが、ダイバーが巻き上げた砂が流れが強いので、ずーっと流れてきてこれまた写真には辛い状況。
人が多すぎて、オドリハゼなんか隠れちゃって全然見つかりませ~ん。
まだ見たこと無いベラの幼魚の写真を撮ったのが今日の収穫だな。

まあ、今日のダイビングは肩慣らし程度だな。
明日も、3ビーチでダイビング的には、のんびりみたいなので、今晩もいっぱい飲も!
今回のサイパン渡航は、ダイビングより宴会がメインだから・・・(^_^)
 

サイパン到着。

2 Comments »


s-img_8898

やってまいりました、サイパン!
今年の年末年始はサイパンでダイビング&宴会三昧です。
いやぁ~、ここまで来るまでにいろいろあった。
話は、遡ること3日前。
会社で仕事をしていると、昼過ぎにノースウエストから携帯電話に電話がかかってきた。
もしかして、フライトが無くなったとか?と思ったら、かなりのオーバーブッキングがあるようで、便を変更してくれないかというお願い電話だった。
以前に、空港で同様のお願いされたことあるけど、3日前に電話でボランティア探すってかなりの数なのかな?と思った。
以前は、グアム経由でサイパンに行くのに乗り換えて、関空ーグアム間はビジネスクラスにアップグレードで、$300のバウチャー付きだった。
そのときはグアム経由でも、出発時刻は同じで、到着が2時間ほど遅れるだけで大したこと無いボランティアだった。
で、今回もそんなケースかと思いきや、全然違った。
3つ選択肢があるという。
1)前日の金曜日の夜に、アシアナ航空で関空からサイパンへの直行便
2)当日の土曜日の夜に、アシアナ航空で関空から韓国の仁川空港へ行って、そこからアシアナでサイパンに行く。
3)土曜日の昼の名古屋からのノースウエスト(?)に乗る。ただし、名古屋空港まで新幹線を自分で手配して行く必要有り。
提示されたどれも、かなりのスケジュール変更。
2と3なんて、そりゃありえんだろう・・・って思うような案だった。
で、この代償は?と聞くと、$500のバウチャーのみ。エー!
俺っちが、協力できるパターンは1だけ。
でも、1だと今のスケジュールより一泊余分にいるし、ホテルも確保しなきゃいけない。
で、ホテルはどうなるの?って聞いたら、「自分で確保してください。費用も自分で持ってください」ってあんまりな回答。
俺っちは、そりゃ無いだろう?って言った。
そしたら、相手も「確かに自分で確保していただくし、費用も発生するので$750のバウチャーにします。
でも、これが最大限です」っていう譲歩。
とりあえず、その場ではこんな間近にホテルが確保できるかどうかわからないので、明日の昼にまた電話してもらうように頼んだ。
その間に、俺っちはホテルが確保できるかと、自分の仕事のスケジュールと、$750のバウチャーの価値を総合的に考えることにした。
結局、ホテルの確保は出来る目処は立った。
仕事は、1時間ほど早く退社して、急いで関空に行けば夜のアシアナ便に間に合いそう。
でも、ネットで情報収集すると、なんとNWは2月いっぱいで関空ーサイパン便を運休するらしい。
ということは、有効期限1年のバウチャーもらっても紙くずになる可能性大。
だいたい、以前のボランティアの時のビジネス+$300バウチャーと比較すると、今回の変更内容に対する代償は少なすぎると思った。
こりゃ、キャッシュかビジネスアップグレードじゃないと、やめとこうというのが俺っちの結論。
そして、翌日のお昼に約束した時間通りに連絡があった。
相手の人は、終始丁寧で非常に好印象だ。
で、以前のようにビジネスのアップグレードは?と聞くと、他社便への振り替えの時は無理だという。
ようは、NWが損するからだろうな。
キャッシュも無理だという。
そんなこんなで、しばらく話して、結論は今回はボランティアに協力できないということになった。
$750のキャッシュならともかく、1年期限のバウチャーじゃぁねぇ・・・。
で、そんなにオーバーブッキングしているんだったら当日はゆっくり行ったら乗れないかも?と思って、今日はいつもよりちょっと早めに空港へ。
さすがに年末旅行客で、関空も混んでいた。
でも、早く行ったおかげでノースウエストのカウンターでは待たなくてスイスイだった。
待つのが嫌な俺っちには良かった。
その後は、カードラウンジでマッタリ。
しかし、関空のカードラウンジはなんとかならんのか?
このご時世に、喫煙ラウンジの方が豪華で広い。
禁煙ラウンジは、いつも満員で席がない。
公共の場所は禁煙てのが世の流れなのに、時代感覚なさ過ぎ。

さて、NWに登場してみると、さすがにエコノミーはいっぱいだったが、ビジネスの席は16席ぐらいあるのだが、空きがチラホラと・・・。
うーん、オーバーブッキングはどうやら解消に成功したようだ。
そういえば、チェックインの時にボランティアを募る張り紙もなかったなぁ。
乗れないお客さんがいなくて良かったです。

さて、今度は機内でプチトラブル?です。
キャビンアテンダントが飲み物をワゴンに乗せて移動しているときに、ワゴンが何かに引っかかって急にストップ。
その影響で、ワゴンの上に置いてあったポットのコーヒーが波打って、俺っちの頭にちょっとだけ降ってきた。
通路隔てた反対側のお客さんには腕にかかったようだった。
ちと熱かったけど、俺っちは頭にちょびっと降ってきただけなので問題なし。
腕にかかった人も、半袖だったけど、やけどなんかもなく問題はなかった。
すぐぬれタオルを持ってきてくれた。
特に、文句も言うこともなくぬれタオルで拭いて、普通に座っていたのだが、そのアテンダントがなんとメリークリスマスと言って、ワインのフルボトルを俺っちと反対側のお客さんに持ってきてくれた。
プレゼントは嬉しいのだが、フルボトルのワインはけっこうでかいので、カバンに入れるのに苦労した。(;^_^A アセアセ…
でも、俺っちは一人旅だし、夜中は毎晩アグライアで飲むので、ワインのフルボトルもらっても飲む機会無いのだが・・・。
結局、そのフルボトルはサイパンでいつも美味しい料理を提供してくれるアグライアのオーナー木村さんにプレゼントした。
そして、この日記の原稿をアグライアで美味しいお酒を飲みながら書いています。
いやぁ~、南国サイパンで飲む熱燗は旨い!!!!
酒好きの俺っちだが日本ではあまり飲む機会がないので、サイパンでの毎晩の楽しい宴会は超最高!
毎晩楽しい時間をコーディネートしてくれる多国籍料理のアグライアダイビングショップのエーストマトには大感謝です。

今年も残すところあと4日。
やっと1年の締めくくりのダイビング旅行(今年はサイパン)までたどり着いたって感じです。

 

残件終了

残件終了 はコメントを受け付けていません。


サイパンのナフタン
【サイパン・ナフタンの水中風景】

昨日の夜に4時間ほどかけて年賀状を60枚作成して、本日めでたく(?)投函完了。
これで、もう今年中にしなければならないことは終わった。
あとは、会社に4日間行って、荷造り済ませてサイパンに向かうのみだ。
来週は会社の仕事も予定ではそんなに大変そうではない。(^_^)v

もういくつ寝るとぉ~、お正月♪

って感じにかなりなってきたぞ。

 

ブルーだ

ブルーだ はコメントを受け付けていません。


オアフ島29DWN
【オアフ島西 29DWN】

今日は、かなりブルーな1日だった。
朝から良くないことがあった上に、夕方にもまたブルーなことが・・・。
_| ̄|○
ちょっと世界同時不況洒落にならないんじゃない。
つーか、これからまだもっと悪くなるだろうし・・・。
いったいどうなるんだ?
来年末には回復する見込み立ててる楽観的な経営者もいるみたいだけど、どう考えても1年でこの不況から脱出できそうにない。
でも、1年以上続くと世界経済崩壊ってことになるかも。
来年ダイビングなんて行ってられなくなるんじゃないかとマジ心配になる今日この頃。
年末のダイビングも本数減らして、料金セーブしようかなぁ(;^_^A アセアセ…

海外キャッシングには気をつけよう!

海外キャッシングには気をつけよう! はコメントを受け付けていません。


サイパングロット
【サイパングロット】
今年の夏にハワイに行ったときに、キャッシングサービスを使ってトラブルに巻き込まれた。
手持ちのドルがぎりぎり足りるかどうかって感じだったので、JCBカードで$100だけキャッシングすることにした。
オアフ島ではキャッシングできるATMはホテル内とか色んなところにあったのだが、JCBでキャッシングするから(?)なんとなく安心をかってJCBプラザのATMを使うことにした。
そして、ATMを操作して、$100引き出そうとすると通信に長い時間がかかった後エラーメッセージが表示された。
ATMは日本語で表示されているので、操作自体は間違うことはない。
パスワードを打ち間違ったかな?と思って、再度トライするものの、やはり通信に時間がかかった後同じエラーが出た。
JCBプラザの人に相談すると、「通信に時間がかかったときにエラーが出ることあるんですよ」ってあっさりいわれた。
そして、こんな時は何度やってもエラーが出てだめだといわれた。
JCBプラザ以外の場所にあるATMも教えてくれたのだが、まあぎりぎり手持ちのドルで足りそうだったので、結局キャッシングはしなかった。
ただ、マシントラブルでお金が出てこないのに、課金だけされたらたまらないので、JCBプラザの人にそんな心配無いですか?と尋ねたら、「お金が出てこなかったら、課金されることはない」といわれてホッと一安心した。

そして、日本に帰ってきて、なにげにJCBの明細書をwebでチェックすると、な、な、なんと$100キャッシングしたことになって課金されている。おまけにキャッシング手数料まで・・・。
_| ̄|○
お金出てこなくて不便だった上に、$100まで取るとは詐欺だ!
とりあえず、JCBのトラブルデスクに電話した。
海外トラブル担当に電話を回されて、上記事情を説明した。
担当者のいうことには、「ATMは銀行が置いているもので、JCBとしては関知していない。」
ATMを置いている銀行に今回の件を問い合わせて、2ヶ月以内に銀行から返事がなければ課金は取り消す。
一方、銀行からなんらかのキャッシングしたというデータが示されたら、JCBとしてはどうしようもなく、課金するとのこと。
でも、俺っち本当にお金引き出せなかったんだけど・・・。
そもそも、そんな銀行とキャッシング契約しているJCBにも責任はあると思うのだが・・・。
そして、「じゃあ何らかの結論出たら説明してもらえるのか?」と聞くと、特に結果の説明はしないとのこと。
相手から請求が2ヶ月以内にこなければ課金は取り消すし、データを示して請求がきたら課金するだけって感じの説明。
トラブルに巻き込んでおきながら、結果の説明をしないってどういうこと?って感じ。
海外キャッシングを積極的に勧めているのはJCBじゃないか。

で、その期限が10月末だったのだが、結局アメリカの銀行側から払ったというデータが示されなかったのか、課金は取り消された。
しかし、JCBから課金を取り消したという報告は無し。
明細をチェックしていてわかるだけ。
どんなトラブルで課金間違いがあったのかとかの報告は当然無し!
まあ、トラブルの第一の原因はアメリカの銀行にあるとしても、海外キャッシングを積極的に勧めて宣伝しているJCBも無関係ではないと俺っちは思う。
ネットとかで調べてみると、アメリカのATMって日本では考えられないぐらいいい加減みたいだ。
金融先進国のアメリカなのに、日本のようにしっかりしていないようだ。
アメリカでは、自己責任でちゃんとチェックしろということだろう。
俺っちは、二度とキャッシングサービスは利用しない。
お金実際に引き下ろしていないのに、疑われるのはまっぴらだ。

ということで、先進国のアメリカ(ハワイ)でもカードでのキャッシングサービスはちゃんとチェックしないと危険だということがわかりました。
しかも、こんな初歩的な機械トラブルにまきこまれるなんて。
海外でキャッシングサービスを利用する人は、後日明細をチェックすることをお勧めする。
気づかずに、余分に課金されてたりする人いるんだろうなぁ・・・。
銀行丸儲け。
ちなみに、今回のトラブルのATMはアメリカンセービングバンクが設置していたようだ。