アホダイバー

アホダイバー はコメントを受け付けていません。


 

やっと、1週間が終わった。
でも、今日は仕事用のノートパソコンをお持ち帰り。
週末に家で来週の会議用資料を作成しなきゃならないのだ・・・。
(Q_Q)↓

2chのマリンスポーツ板を俺っちはよく見ているのだが、アホなプロダイバーのブログでちょっと盛り上がっている。
そのブログは、
これだ。
※15日夜にブログ全体が削除されたようだ。
サイパンでの悪行を自慢げに3ページにわたって書いてある。
消されたときは、
ここ1, 2, 3に、ご丁寧に誰かがコピーをおいてある。
ちなみに、2chでこれが話題になっているスレッドは、
ここだ。
2chでは、これを書いた人とショップが既に特定(223番目)されているようだ。
獅子浜のショップらしい。
まあ、本当にその人かどうかは、俺っちは知らないけど、事実なのかな?
関東の方のショップみたいなので、俺っちには確かめるすべもなし。
しかし、この記事を書いた中年親父プロダイバーははっきり言ってアホ。
自分のスキルが高いというのをいいたいのかもしれないけど、写真もかなり下手くそだし、こいつ自身がなんちゃってプロじゃないかと思う。少なくとも写真は、超ド下手。
なんちゃってプロだということは、自慢げに書いてあるブログのある部分から予想できる。
自分たちのエアーが100+残っているのに、ガイドの残圧が50切って30しかないので、きっと心配してエアーが減ったのだろうって書いてあるが、ここの考えがプロにしては浅いのだ。
ダイバーじゃなければこの記事読んだら、そう思うかもしれないが、ちょっとましなダイバーだったら違うことに気づく。
おそらく、このガイドのいたところはラウラウの水深15m付近。
その上で、ガイドに気づかれずに待機して、エグジットまで上からついて行っている。
つまり、この3人は水深10m未満のガイドよりかなり浅い場所にいたと考えられる。
そうすると、エアーの消費が違ってくるのは当たり前。
ガイドに見つからないように水深が浅い場所で浮かんでいる方がエアーがいっぱい残るのは当然なのだ。
俺っちも、水深5mだったらエアーなんて全然減らない。
一方水深15m前後で50分もいたらエアーは減るのは当たり前。
タンクも元々大きいのを持って行ってないし。
ということで、この自称プロは、なんちゃってプロ決定。
あ、それと3ページ目の沈潜でのダイビングで、潜水艦に近寄ったのがスゴいようなことを書いてあるが、どこのショップも普通に潜水艦にそれなりに近づきます。
潜水艦を避けて、沈潜の逆側を回るってことはしない。
それに、潜水艦はかなり遠くから独特の音を発しているので、ガイドさんにいちいち教えなくても誰でもわかるのだ。
こいつ、あの独特の音を聞いていながら無知すぎ。
それに、ベテランイントラだったらヘルフリッチぐらいで大喜びするなよって感じ。
おまえ、これまで外国はフィリピン以外で潜ったことないのかと・・・。
┐(´д`)┌ヤレヤレ
グロットでは40mまでいけば普通にみれる。
だいたい、俺っちは、まともなCMASやJPのイントラに会ったことがない。
ダイビングスキル的にどうよ?って思うガイドばかりだった。
このブログの主は、ダイビング以前に人間としてかなり痛いやつだけど・・・。
こんなやつや、ブログにかかれているようなことをしたSがいる店は絶対に使いたくないな。
どんな風に、普段営業しているんだろう?
こういうやつに限って、同じことを客にされたら激怒するんだよな。
まあ、アホなやつはどこにでもいるということで・・・。

 

Comments are closed.