ガーデンイールのうんちく

ガーデンイールのうんちく はコメントを受け付けていません。



【ハワイオアフ島コルセアのガーデンイール畑】

俺っちは、ダイビングに関係する人のブログをよく読んでいる。
今日は、ハワイアンガーデンイールについて触れているブログがあったので、俺っちも。
(^_^)

オアフ島でガーデンイールといえば、東のコルセアか南のポイントのピナクルに行けばいっぱいいる。
ガーデンイールは、水が綺麗な砂地で軽い流れがあるところに良くいるようだ。
コルセアはたまたま深いポイントだけど、ピナクルでは水深24mにいるので、ハワイアンガーデンイールは深いところにしかいないという物ではないと思う。

そして、数日前にもチョッと書いたけど、このハワイアンガーデンイールはアキアナゴとそっくりで、俺っちはアキアナゴじゃないのか?と思う。
この下にハワイアンガーデンイールとアキアナゴの写真を紹介。
同じに見えないですか?


【上 ハワイ・コルセアのハワイアンガーデンイール】

【下2枚 サイパンオブジャンビーチのアキアナゴ】

そして、ハワイアンガーデンイールをチンアナゴと書いてあったりするのも見かけるが、これは論外。
下の写真がチンアナゴだ。チンアナゴは、小さな黒い斑点がいっぱいあって、その上に大きな黒斑が2つある。

【サイパン・オブジャンビーチのチンアナゴ】
チンアナゴとハワイアンガーデンイールは全く似ていないのだ。

で、ここまで書いて、ハワイアンガーデンイールがアキアナゴだと書いてあるwebとかないのかな?
と思って、ヤフーで検索かけてみた。
すると、一件見つかりました。
ハワイの某ダイビングショップのガイドさんが書いておられる古い日記
ここ(1月23日のところ)
まあ、同じようなこと書いてある。
そして、本当かどうかわからないが
現在のところハワイアンガーデンイールはハワイの固有種とされていますがアキアナゴと異名同種の疑いがあるらしく再検討されているそうです。”
と書いてあったりする

でも、この人、ちょっとサイパンに関しては知識不足かなと思う。
サイパンにいるのはチンアナゴと書いてあるけど、サイパンには少なくとも3種類のイールがいる。
上に写真を載せたように、チンアナゴ以外に、アキアナゴもオブジャンビーチで群生している。
ただ、アキアナゴは俺っちはサイパンではオブジャンビーチでしか見たことないが、チンアナゴはラウラウのずーっと沖(水深25mぐらい)とか、ナフタンの深いところ(水深40mぐらい)にも数は少ないけどいたりする。
チンアナゴは浅いところから深いところまで何でもござれって感じ?
で、あともう一種は?というと、こいつは正真正銘深場にしかいないニシキアナゴ!
※でも、地域によっては比較的浅いところでもみれたりするんだろうけど・・・。

【サイパン・ナフタンのニシキアナゴ】
こいつはサイパンでは個体数がメチャメチャ少ないので、ほとんど見ることはできない。
でも、数は少ないけど生息しているので、サイパンには俺っちが見ただけで少なくとも3種類はいるのだ。
サイパンにはナフタン以外にもディンプルやグロットにいるという話を聞いたことがあるが、いずれも50mコースらしい。
ナフタンはやや健康的(?)に水深44mぐらいなのだ。
ナフタンで見つけたときは、この1個体しかいなかった。
チンアナゴやアキアナゴのように群生しているというのではない(というか1個体だけ)ので、深いこともあって非常に見つけづらい。
でも、サイパンでは群生してないだけで、パプアニューギニアのマヌスでダイビングしたときは、水深40mぐらいの砂地にニシキアナゴが群生していた。
ニシキアナゴの群生はちょっと感動ものだったなぁ。
サイパンでもきっと、もっと、ずーっと深いところでは群生しているんだと思う。
40m台にいる個体はたまたま浅場にあがってきた個体だと思う。
でも、そんなに深いところまでは探しに行けません。
(;^_^A アセアセ…

ガーデンイールのうんちくでした。
m(__)m

 

Comments are closed.