vivo X70 Pro 初期不良交換への困難な道

4 Comments »


今朝会社に行って、部下に状況を説明して、部下が京東のお店とチャットして交換要求。

すると、京東側は、vivoのオフィシャルの修理センターに行って不具合の確認をするように要求してきた。
本当に不具合があれば、その場で修理センターが新品に交換するはずだという。

仕方なくvivoのオフィシャル修理センターに、昼から半休をとって自分一人で行くことに。
でもvivoの浦东にある2つの修理センターはどちらもかなり不便な場所。
なんであんな場所にあるんだって感じ。

どちらに行ってもそんなに距離変わらなかったけど、川沙にある修理センターまで滴滴で車呼んでいった。
距離25Kmほどで、料金50元。
_| ̄|○

修理センターは他に客いなかったので、直ぐにチェックが始まった。

チェックはすぐに終わって、担当者いわく、

「どこも悪くありありません」

そういうと思った。

担当者の態度自体は良かった。
お茶を入れて持ってきてくれるぐらい。

完全に電源入らないとかだったら故障は明らかだけど、たまに接続できるときもあるってのが修理では一番厄介。

担当者はDiagプログラムを走らせて、内部のチップが壊れてないかのチェック。

で、実際に自分のSIM入れて実際に動作チェックすると、動作不良再現。

担当者はSIMが悪いと言い出して、お店にあるSIMカードを入れてチェック。
そうするとちゃんと動く。
でも、朝に会社で部下のSIMカードを入れてチェックしたときは、不具合あることを確認してたので、自分のSIMだけでなく部下のSIMでもだめだったと伝えて粘る。

担当者は別のSIM持ってきて、試すとやっぱりちゃんと動く。

で、担当者はSIMが古くて接触が悪いので、UncomにいってSIMを新しいのに交換すれば良い。
スマホは正常と言いはる。

そんなこと簡単に引き下がらないのが、スーパーエンジニアの自分♪

「確かに、あなた達のSIMだと動くのは観た。自分のSIMでは不安定。だからといってスマホが正常とは言えない。このスマホのSIM端子がシビアすぎるのが原因。端子がシビアすぎるのはスマホの不良! このSIMでも、シャオミのこのスマホでは問題ない。だったら、展示用の他のスマホ持ってきて自分のSIM入れて動作確認してくれ。それで不具合再現したら、自分がSIMを新しいのに交換して、スマホは交換しなくて良い。逆にもし他の同機種で問題なかったら、このスマホの端子が不良ということで新品交換してくれ」

ということを、中国語で言いたかったのだけど、そんなの無理だから、まず部下に電話かけて英語で伝えて、部下が中国語で自分の意見を担当者に電話で伝えてくれた。
(^_^;)

で、展示用の同機種持ってきてチェックすると、自分のSIMでもちゃんと動作した!

でも、担当者は、「動作したけど、認識まで時間かかったよね。SIMの接触も悪い」って往生際の悪い事。

ここからは、自分のメチャメチャな中国語で、

「認識が遅いとかは関係ない。正常に動作しているという事実が大事。そもそも、UnicomのSIMは簡単に交換できるけど、もう一つは日本の電話会社のSIMだから新品に交換は無理。さらに新品のSIMで動いても、ちょっと古くなったら動かなくなるよう敏感すぎるスマホは不要」

ってことを、立ち上がって力説!

結果は、自分の勝ち!

担当者が折れて、「新品と交換します。m(_ _)m」

目の前に新品持ってきて、その場で開封。

そして、自分のSIM入れてその場で動作チェック。

ドキドキ!!!

そして、ちゃんと電波捕まえた。

やっぱり、最初のスマホは端子がシビアすぎたんじゃないか!

新品交換を勝ち取るまでの1時間以上、かなり疲れたぁ。

もう精神的にクタクタ。

電車で帰ってくる元気なし。

滴滴でまた車呼んで帰ってきた。
今回も50元ちょっと。

結局、初期不良で100元も交通費飛んでいった。
半休も使ったし。
この損害どうしてくれんだって感じ。

他のSIM2つでちゃんとうごいたのを見せられたら、交換を諦める人もいるだろうなぁ。
端子の物理的なマージン不足なんて、通常のテストじゃ判別できないし、今回の交換勝ち取るまでかなり苦労した。
製品にはなんでもある程度のマージンが必要。
マージンがないのも不良なのだ。
実際に自分のSIMでも、新しいスマホだったら問題なく使えているので、修理担当者の理解不足。

つかれて外食に出かける元気もなし。

スマホアプリの設定しながら、外卖でお弁当。

設定も2回めとなると、速い。

今までのスマホと完璧に同じに出来た。
中国大陸モデルだとは、全く気づけないレベル。
すべてのGoogle関係のアプリOK!

検索もデフォルトがGoogle検索。
結果を表示するブラウザもfirefox♪

関連する記事はこちら:

4 Responses to “vivo X70 Pro 初期不良交換への困難な道”

  1. 匿名 より:

    まさにクレーマーのお手本。同じ日本人かと思うときつい…

  2. きこ より:

    良かったですね。お疲れさまでした。

  3. admin より:

    なんで、本当に不具合ある初期不良品を交換するのがクレーマーなんですか?
    初期不良品を我慢する日本人が居るとしたら、そのほうがきついですね。

    修理センターの人の知識不足で判定できないだけで、本当に不具合のあるものを交換しただけ。
    SIMカードでもなんでも、厚さとか接触抵抗にスペック内の誤差はある。
    その誤差で動かないものは不良品。

    実際に、部下のSIMでも動作しなかったし、こちらが要求してチェックした展示品では自分のSIMでもちゃんと動作した。
    交換したら、問題なく使えてます。

  4. admin より:

    きこさん、

    タクシー代と半休取得という余計な出費になりました。
    でも、交換後は不具合なくなって快適♪

Leave a Reply