Archive for 12月 28th, 2010

パラオダイビング3日目。バショウカジキがジャンプ!

パラオダイビング3日目。バショウカジキがジャンプ! はコメントを受け付けていません。


【パラオゲメリス方面ダイビング  セブンティアイランド】

今日は、ゲメリス方面でのダイビング。
今朝のお迎えは9時だったので、昨日ちょっと体調を崩した俺っちには都合がよかった。

今日のガイドは、あゆみさん♪
1本目はジャーマンチャネルです。
上げていたものの透明度はいま一つ。
そして、船はいっぱいあった。
当然ダイバーもいっぱい。

マンタは遠くの上の方に出たらしいが、シルエット程度だったらしい。
でも、マンタに興味ない俺っちにはどうでもいいこと。(笑)
マンタをはやばやとあきらめて、ガーデンイールやハゼのいる砂地へ移動。

ヤノダテハゼやスペクルドを探すものの、全然見つからない。
ヤノダテハゼは、結局あゆみさんに見つけてもらった1匹と、自分で見つけた1匹だけ。


スペクルドに至っては、1匹見つけたものの写真撮る前に引っこんじゃった。
ダイバーが多かったので、すでに引っ込んだ後だったのかも。

そして、砂地に群れていることが多いギンガメアジも見当たらず。
今日のジャーマンは透明度もイマイチで、魚も少なかったのでちょっとはずれだったかな。
砂地に、口をパクパクさせているウミヘビ発見。


これなんだろう?
ハワイオアフ島のエレクトリックビーチにいるフレケデリックイールに似ているのだが・・・。
 

1本終わって、昼食をとるためにコーラルガーデンに移動中に、俺っちは大きな魚が跳ねて水中に落ちるところを発見。
その周りの海面は結構広く白い泡ができていた。
もう一度ジャンプしないかと見ていると、そこでまたその魚がジャンプ!
なんと、バショウカジキ様が豪快にジャンプしたのだ。
バショウカジキのジャンプに気付いたのは俺っちとボートキャプテンだけ。
キャプテンと俺っち2人で同時に、みんなに「カジキ! カジキ!」と指差しながら騒ぐ。

キャプテンと俺っちの近くにいたガイドさん4人はすぐに気付いてそっちを見た。
すると運よく3度目の豪快なジャンプ!
大きな全身が海面より上に上がった。
しかもボートから20mぐらいの距離なので体色まではっきり。
体の青い色もはっきり見えた。
キャプテンと俺っちのすぐ近くにいたガイドさん4人はバショウカジキのジャンプをはっきり全員見れました。
船の後方にいたお客さんは、俺っちとボートキャプテンの声になかなか反応できずに、ジャンプして水中に入る尾びれだけしか見れなかった人もいたようだけど、まあ全員一応見たということでめでたしめでたし。
船が走っていたので、エンジン音がうるさいから俺っちとキャプテンが騒いでも後方でははっきり聞こえなかったようだ。
バショウカジキのジャンプって結構珍しいらしくて、ガイドさんも初めて見たという人もいたぐらい。
あゆみさんは3回目だと言ってたな。
あゆみさんはパラオガイド歴5年はあるはずなので、案外水中で見るより珍しいのかも。
俺っちは、こういうことがあるかもと思って、ボートの先頭に座って海を眺めていたのが当たった。
この辺は、海では安全停止中も含めて油断しない俺っちの勝ち。(^_^)v
今年は、正月にパラオでバショウカジキ見たし、GWにはモルディブでダイビング中にジンベイザメ見たし、夏は神子元でハンマーヘッドの群れ見たし、大物運アリアリ。

興奮の中、昼食タイム。

昼食後はブルーコーナーにエントリー。
上げ潮サイドでした。
サメも少なかったなあ。
ギンガメアジも、めちゃ少なかった。
5年ぐらい前はギンガメアジが一斉に動く音が聞こえるぐらい群れ群れだったのに、魚影が薄い感じ。
フッキングして、しばしの観察。
グレイリーフシャークとホワイトティップリーフシャークが目の前を通り過ぎていくもののやっぱり数が少ない。
といっても、パラオに初めて来た人には十分すぎるぐらいのサメの数はいます。
昔より減ったという気がするだけで、ほかの地域の海と比べるとめちゃめちゃいっぱいいます。
ヨコシマサワラが何度も行ったり来たり。
俺っちはグレイリーフシャークよりヨコシマサワラのほうが興味あったりする。


バラクーダはちょっと離れた下流側に群れていたが、写真には取れない距離。
でもバラクーダの数も減っていると思う。

パラオにホテルが増えて観光客が増えるにしたがって、地元漁師の漁獲量も増えて魚が減っているのかしら?
それとも、単にダイバーが毎日いっぱい入っているので、魚が寄り付かなくなっているのかなぁ。
まあ、チャーター便が2日に一便飛んできて毎日あれだけダイバーが入ったらポイントが荒れても仕方ないような気もする。
昔は、直行便なんてなかったからなぁ。

3本目はインサイドのセントカーディナル。
ナカモトイロワケハゼをエンリッチタンク背負って見に行ってきました。
かなり濁っていて、ナカモトイロワケハゼのいる場所は透視度2mあるかないか。

ナカモト見た後に、ほかのハゼを近くで探すつもりだったけど、あまりに透視度悪いのでちょっとリスクがあると判断してサーチするのはやめた。

さっさと船の近くに戻って、綺麗なスズメダイやセグメンテッドブレニーちゃんを見て楽しんだ。


エグジットしようとすると、ヤッコエイの子供が横を通って行った。

晩御飯は、美登寿司に行った。
3月に行ったきりだったのだが、店に入ると俺っちを覚えていてくれたのがうれしかった。
一人で行ったのだが、その人が適度に相手してくれて、おいしく酒飲めた。
ダイビングは、パラオもサイパンもハワイもそれぞれ特徴があって甲乙つけがたいが、夜に関しては酒に毎晩付き合ってくれるサイパンのエーストマトのほうが俺っちにはいいかな。(笑)
パラオは一人で来ると、ちょっと食事がさみしいかな。


美登寿司は、接客サービスが良いので、俺っちは好きだ。

さて、明日はどんなダイビングになるのかな?
今日のダイビングは、ミスもなく本調子に戻った。
体も精神も海になじんだので、ディープも全く懸念なしになったけど、超繁忙期でお客さんが多いのであんまり無理も言えないし・・・。
といっても、すでに結構無理言ってたりするんですが(^^ゞ
そろそろ窒素酔いしたいんですけど・・・。