暖かさ重視

2 Comments »


気の早い上海。
まだ一ヶ月以上先。

でも考えてみれば、あと一ヶ月ちょっとで大晦日。
(@_@;)

2021年もあっという間に過ぎていく感じ。
2022年もきっと日本には帰れないだろう。
中国にとってはインバウンドはそれほど重要じゃないだろうし、ビジネス的にはネットの発達した現代においては今の状態で特に問題ないだろう。
本当にビジネス上必要な人材は、今でも入国できてるわけだし。
そう考えると、リスクを犯して往来を劇的に緩和するだけの理由が見当たらない。
一週間以上の隔離があるうちは、中国から外に出るつもりはない。
コロナウイルスの特効薬が出来るか、あるいは突然弱毒化でもしない限りは、「日本に帰れるとき=会社を辞めるとき」なんだろうな。

今日は天気予報通り寒かった。
この冬(まだ秋だけど)初めて、長袖のインナーを着て出勤。
朝はまだそれほどでもなかったけど、帰るときはかなり寒い感じ。

ただ、まだ真冬じゃないので、冬特有の乾燥した状態にはまだなってない。
湿度が下がったのは先日の1日だけ。
その日以外は、まだ湿度は高い。

松扇でご飯食べたあと、店出るときに耳あてすると、「そこまで寒くないんじゃない? 耳あてが可愛くて笑ってしまった」と店員さんに言われた。
モフモフな耳あてなので、乙女チックな感じなのだ。
(^_^;)

ダイソーで10元で買ったモフモフ耳あて♪

でも、暖かい。
風邪予防には、ちょっと暑いぐらいが良い。

バスを待ってるときは、耳あてしていてよかったと思った。
ただ、他に耳あてしている人居なかったなぁ。
(^_^;)

明日は、もっと寒くなるみたいなので、明日も耳あて必須だな。
あと、夏に活躍したペルチェ素子で首を温める器具も持っていこう。
夏は首を冷やして、冬は温めてくれるスグレモノ。

 

関連する記事はこちら:

2 Responses to “暖かさ重視”

  1. 匿名 より:

    ブログ更新お疲れさまで御座います。
    楽しく拝見させていただいております。

    コロナウイルスの特効薬が出来るか、あるいは突然弱毒化でもしない限りは、「日本に帰れるとき=会社を辞めるとき」なんだろうな。

    この部分………
    なんだか、沁みましたのでコメント残させて戴いた次第です。

    末筆では御座いますが、
    時節柄お体ご自愛くださいますよう祈念申し上げます。

  2. admin より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    普通に国外に行き来できるときが来ればいいですね。
    でも、期待すると失望するだけなので、期待せずに待つことにしてます。

Leave a Reply