Archive for 1月 12th, 2020

酷い日本語

No Comments »


昨日ワイン飲んで、今朝は午前9時前まで寝てた。

昼前に散歩がてらArtisan Bakeryに行って、朝昼兼用食事の調達。

image

牛角パンを初めて買ってみたけど、いつもの塩パンにしておけばよかったと後悔。
高い割に美味くない。

image

昼からヘアサロンニーナに行って散髪。
スッキリした。

ニーナからの帰り道、直ぐ近くの偽日本料理店の前を通って、メニューの酷さに呆れてしまった。

image

この店開店したときに一度だけ行って、かなり不味かったのでその後行ってない。

image

外に出ているメニューボード。

image

拡大!

「大阪とうどんを炒めます」

って、何やねん!

さらに、

image

トンカツなのに「ピザを作って食う」とか、唐揚げが「風の香汁の唐揚げ」。
(@_@;)

たまにおかしな日本語のメニューは見かけることあるけど、ここまでのレベルは最近は見たことない。

ちなみに日系タウン情報誌のコンシェルジュのアプリでこの店調べると、

「東京の日本料理店で12年間修業を重ね、料理長も務めた凄腕の中国人料理長の技にリピーターが多数集うカジュアル和食店」

と書かれてる。
東京で12年間修行重ねたら、この日本語にはならないな。

夜、御味道に一人予約入れて行ったら、肉以外は全部テーブルに並んでた。

image

何も注文して無いのに。
(^_^;)
いつも同じものしか食わないので、何食うかバレてる。

今日はさすがに肝臓休ませるために、酒無し。麦茶を飲んだ。
今日の肉はグッド!