ダイコン勢揃い。(^^ゞ

ダイコン勢揃い。(^^ゞ はコメントを受け付けていません



【ダイビングコンピュータサイズ比較】

俺っちの今持っているダイコン4つと、時計(フロッグマン)を並べてみました。
一番左は、普段使っている時計(フロッグマン)。
左から2つめが、最初に買ったスントのモスキート。
当時は4万円ぐらいで買ったと思う。
その右隣が、俺っちがこれまで一番信頼して使っていたウワテックのアラジンテックプロ。
これも、4万円ぐらいで購入。
右から2つめが、オーシャニックのVT3。
これは、eBayのオークションで6万5千円ぐらいで落札して、カリフォルニアから送られてきた。
トランスミッター付きでエアー管理に使っているのと、アラジンテックのバックアップ用途も兼ねている。
オーシャニックのVT3は、2本連続してディープに行くと、メチャメチャ厳しい。
そして、一番右が今回購入したウワテックのガリレオルナ様♪
これも、トランスミッター付きのダイコンです。
これからはトランスミッター付きのダイコン2台体制(ガリレオルナとVT3)で潜るので、バックアップ体制バッチリ。
今までは、サイパン以外の長期のダイビング旅行に行くときは、コンパスとエアーの2連ゲージを予備に一応持って行ってたので、これからは荷物が小さくなって旅行が楽♪

オーシャニックのVT3もかなり大きいのだが、ガリレオルナはVT3も圧倒な大きさ。
来週サイパンでこの4つ持って海に入るのだが、周りから変な目で見られそう・・・。
ダイコン4つ持って入る素人ダイバーなんて、変人ですよねぇ。(*´∀`*)

ちなみに、俺っちのお薦めダイビングコンピュータはウワテックです。
ファッション性はゼロですが、視認性抜群だし、マイクロバブルを考慮したアルゴリズムが素晴らしい。
MLB5に設定して潜ると、エグジットしたあとの体調が明らかに違って、ダイビング後の体調が良い。
ウワテックのダイコンはDECO出なくても、水深9mとか12mから段階的な浮上を指示するので、他のダイコンとかなり違います。
ただし、これを使いこなして、普通のダイコンを持った他の人と一緒にダイビングするのは深度プロファイルに結構スキルがいる。

Comments are closed.