Archive for 2月 17th, 2020

業務再開2週目の上海

No Comments »


image

2月10日から通常業務再開の上海。
今日から2週目に入った。
人増えてるかな?

今日は天気良いけど、気温が1度と寒い。
朝の上海科技馆駅広場には人影なし。

image

駅の改札も先週と変わらない雰囲気。
もう一週間も経ったのに、まだ家にいる人が多いのか?

image

午前8時10分のホーム。(^_^;)
一応2号線なんですが…。

image

電車に乗ってみると、「お、先週よりちょっとだけ人多いかも」。
でも、基本的にシート一列に付き両側に一人ずつ、あるいは一人だけというレベルで、まだまだ空いている。

皆んな仕事行かなくて大丈夫なの?

image

金科路駅の改札で、レインコートを被っている若い女性がいた。
日本のテレビニュースでは見たことあったけど、実際に見るのは初めて。

中国人は人の目なんて気にしなくて、自分は自分で守るという意識がしっかりしている。
それが効果あるかどうかはわからないけど、こういう意識があるから今は無駄に出歩かないし、半封鎖でも文句が出ない。

image

地上の車も先週よりちょっとだけ増えてた。
でもまだまだ少ない。

一週間たってもマジでまだ休業してるところが多いのか?
うちの会社は一部社員以外は先週から普通に出勤して、業務も問題なく回ってるけど。
そういえば、上海の外から戻ってきたあとの2週間隔離明けで、課の出勤者が一人増えてた。

上海は新型肺炎対策でこんなに人の動き止めてるのに、方や日本は発熱してても仕事行く社畜ばっかり。
医者までもが発熱してるのに解熱剤飲んで働いてたのには驚くばかり。
武漢を超える要素てんこ盛り。

image

公共バスやタクシー乗るのにマスクが今日から必須になったと、上海労働組合のニュースに出てたけど、今まで必須じゃなかったの?
(@_@;)

非接触の支払いを推奨すると書いてある。
市の外に出るタクシーサービス停止とも書いてあるように思う。

そういえば、29日に上海に戻ってきてから、一度も現金使ってないなぁ。
別にコロナがあって意識的に札を触らないようにしてるわけじゃなかったけど、既に日常生活が完全キャッシュレス化してる。

現金が主流の日本は、ウイルス対策という意味で不利。

今日もいつものように定時退社。

image

やっぱり、ちょっと人増えてるね。

でも、至るところで検温や、小区毎に外地から戻ってきた人の隔離とかしてるので、比較的安心して通勤出来る。

安心して通勤するためにも、厳格な管理が必要。
初動はともかく、今時点では中国はすごく良くコントロールしてると思う。
指示する政府も、実際に小区管理する住民も両方凄い。

毎日行き帰りで座れて、今は通勤が快適!
東和公寓内でもエレベーターすぐ来るし、生活上特に不便無いので、このままでも良いかも。(^_^;)

image

昨日のおでんの残りで晩ごはん。
明日もおでん食べるつもりなので、温めるときに、明日用に玉子を新たに3個投入。大根も3切れ追加。

image

ジャガイモを崩さないために、沸騰させないのが大事。

具を足していくと、水曜日ぐらいまで十分もつな。明日はジャガイモも追加しようかな。
(●^o^●)

おでんは意外と白ワインに合う♪

死亡率がインフルエンザと変わらないから騒ぐ必要ないって言う人増えてるね。
でも仮に死亡率が0.1%でも死亡率だけでインフルエンザと比べる人は、数字がわかってない、偽エンジニア。

実際に問題になるのは罹患率✕死亡率。
新たなウイルスだから免疫持ってる人いないし、感染力強そうだし、保菌期間長そうだし、罹患率がずーっと高い可能性高い。

狂犬病は死亡率がほぼ100%だけど、それが怖くてアメリカやアジア各国に行かないって人はほとんどいないと思う。
死亡率だけで、語るのはナンセンス。

都市半封鎖で感染爆発が起こってなく、手厚い医療が行われてる上海で、確定患者332。
退院が161なので、治癒率がやっと50%。
4,5日で治るインフルエンザとはここも違う。
死亡は、今のところ一人だから0.3%。
こういうのをみてインフルエンザと変わらないとか言う人いるけど、実際は現在危篤が14名いる。
危篤者が4%以上。
上海での手厚い医療で危篤4%って、やばいでしょ。
この4%が長期に医療施設専有。

で、武漢のように感染爆発すると、集中治療室なんて数限りあるから、一気にとんでもないことに。

日本の医療にそんなに余裕あるとは思えないけど、どうするつもり?
さっさと、人の動き制限して様子見たほうがいいと思うけどなぁ。

10日で1000床の病院を日本で建てるのは100%無理です。