Roborock(ロボロック)G10Sが来たぁ

No Comments »


今朝は、係の人が呼びに来る前に下に降りて、アパートの全体PCR検査を受けた。

その後、全体PCR検査は当然終わってないけど、病院に行くために許可を取ってから外出。

病院での診断は、自分の予想通りだった。
人に移す可能性も低いので、自分がしんどくなければ会社に行っても良いというお墨付きをもらった。
これも想定通り。

診察と薬で2000元(4万円)。
_| ̄|○
やっぱり、東方病院に行けばよかったと支払い時に後悔。
東方病院だったらVIPの方でも700元ぐらいだったんじゃないかなぁ。

病院を出て、今度は自主的なPCR検査をまた受けた。
朝アパートでPCR検査受けてから、2時間もまだ経ってない。
これは、病院に行ったあとに出勤するための会社の独自ルールを満たすため。
次は、48時間後に受けて陰性だったら、出勤可能。
といういことで、月曜日は出勤不可。

アパートに戻る時に寄り道して、アンマンを買ってきて、朝食兼昼食。

昼過ぎには、京東618セールで昨日ポチッた大物が到着。
配達予定は22日だったのに、翌日に届いた。
最近、京東は配達予定をかなり余裕みた日付を表示させるけど、だいたい翌日に配達される。

若くて美しい新しい嫁さん。
Roborock(ロボロック)のハイエンド機種G10S。
日本では未発売の機種。
4499元でポチったので、日本円だと9万円ぐらい。
日本では同じRoborock(ロボロック)で、モップ自動洗浄&自動吸水機能がないもので、13万円ぐらいしている。

いやぁ~、こいつは素晴らしい!!!

右側の黒いボックスは、掃除機本体のゴミを吸い上げる紙パック式のダストボックス。
真ん中のボックスは、本体の水箱に自動で水を注入するのと、本体下部のモップを自動洗浄するための水。
そして、左側のボックスは、モップを自動洗浄したあとに、その汚れた洗浄水を吸い上げて貯める。

ステーションに入る向きが、充電するときと、吸水&洗浄するときと180度異なる。

オプション購入で、ステーションタンクへの水供給や汚水の排水まで自動化出来るようだけど、それは設置場所が限定されるので一般的じゃないかな。

保証期間もなんと2年と太っ腹。(@_@)
こんな高機能マシンは2年も経たずに故障しそうだけど、大丈夫なんだろうか?

これは9万円の価値大有り。
この機能で9万円は安い。

実際に使ってみて、期待通りの働き。
音もそれほどうるさくなく、54分かけて、部屋全体を掃除してくれた。
掃除途中で、時折モップを自動洗浄するためにステーションに戻ってた。
モップ洗浄の頻度とか、スマホのアプリで設定できる。

今年の618は良い買い物した。

今までお掃除頑張ってくれた嫁は引退。
引退後は、長女が欲しいと言うので、長女にあげることにした。
明日発送するために、新品同様な感じになるまで、かなり磨いた。
箱も綺麗だし、一見すると新品に見えるかも・・・。

今日は、お好み焼きで晩ごはん。

葡萄トマトという緑色のトマトを買ってみた。
見た目はブドウなんだけど、味はトマト。
味も濃厚で、この葡萄トマト美味しい。

関連する記事はこちら:

Leave a Reply