Archive for 6月 1st, 2022

久しぶりなうなぎ蒲焼

No Comments »


朝起きていつもの朝食。

今日からifcモールが再開ということで、日課のウォーキングついでに行ってきた。

陆家嘴中心緑地もオープンしていたけど、反対側のゲートはまだオープンしてなかった。
そんなこともあるだろうと思って、中に入って通り抜けの近道をしなかった自分の読みの勝ち。

こんなところにも検査ブースができてた。
今のところ基本的にオフィス街のPCR検査ブースは空いてる感じ。

どちらかというとオフィス街に住んでる自分はラッキーだな♪

ifcモール内の店舗は、通常通りオープン。
ネスプレッソもオープン!
今日は見るだけで購入しなかったけど、限定コーヒーが出てたので、近いうちに買うだろう。

City’superもいつもの感じで、お客さんも多くない。

まあ、今日は平日で仕事に行っている人が大半だろうから、混まなくて当たり前だ。
日本と違って、こっちは女性も大概働いている。

ロックダウン初日の午前中に呑気に買い物している自分のようなサラリーマンは少ないだろう。
(^_^;)

晩御飯用に、うなぎ蒲焼とお豆腐を購入。

City’superの入り口のところにある飲食店街は、どこも清掃中&商品陳列中だった。

昨日までと一番違うところは、街のノイズが大きいこと。
街のノイズの大半は車の走行音だったんだな。

体重管理が上手くできているので、今日もウォーキングの後はチョコレートアイスクリーム。

歩数がでも1万歩には足りてないので、昼過ぎにまたifcまでおでかけ。
今回は、行きは自転車でGO。

昨日、明日から店開けると連絡くれてた某日本料理屋さんには、「今日は行かないよ」と連絡を入れた。

そしたら、「え、なんでこないの?」
って言うので、

「他の店どこも店内飲食してないようだし、店内飲食まだだめではない? モールの物業に確認しましたか?」

って返事したら、

「ここは店内飲食大丈夫と言われた。オープンできる。」

と返ってきた。

結局、「今日営業して何も問題なくて、さらにお客さんがいっぱい来なかったら、明日行きます。」
と返事して、それで落ち着いた。
一部の駐在人は空気読まずに宴会する傾向があるので、日本人客が比較的多い店は店の状況を確認してから行くのが無難。
少人数で、静かに飲食するのは全然OKだけど・・・。

部下に店内飲食禁止になってるか問い合わせたら、前にはそんなの見た気がするけど、この2日間の上海の公式発表では見つけられなかったと言ってた。
まあ、部下が見落としている可能性もある。
アパートのフロントにも、いま店内飲食上海で全面禁止かと聞いてみたら、はっきりわからない。
その場所がOKと言ってるならOKだと思いますという表現。
街道や居民委が自主的に封鎖していたっていうのと同じで、もしかして正式発表してなかったりして・・・。
まあ、こういう時は慎重に行動するのが吉。

夕方頃になって、微信で”店内営業できなくなった!(泣)”って連絡があった。
通常の飲食店で本当にモールに店内営業OK確認してたようだけど、モール側が勘違いしてたんだろうな。

可哀想だけど、予想通りでもある。(^_^;)

アパートの周りに5つぐらい検査ブースがある。

ここは、オープンしてるけど、誰も並んでない。

久しぶりの自転車♪

いつもの滨江大道って感じ。

自転車を降りて、対岸をウォッチ。

対岸の外灘は人がいっぱいいるような・・・。

上海良いねぇ。

滨江大道に入るところにはQRコードチェックする場所あるけど、途中から入ったらノーチェックで入れる。

東方明珠電視塔も人が見えたから、たぶん既にオープンしている。

ディズニーストアーもたぶんオープン済み。

Ifc。
アップルストアーは、入り口がまだロックされている感じで、たぶん開いてない。

以前のようにルイヴィトンには入店待ちの行列。
ロックダウン前からいつもこんな感じなので、ロックダウン解除初日で人が殺到しているわけじゃない。
ルイヴィトンに普通に列をなすのが、上海の日常。

またCity’superにいって、耐熱陶器皿を88元で買ってきた。
直火OKって書いてないけど、油は駄目って書いてあるけど、これでアヒージョにトライしてみるつもり。

晩御飯は、2ヶ月ぶりなうなぎの蒲焼。
毎日肉ばっかりだったので、たまには鰻も良い♪

ちょっと焦がしちゃったけど、関西風にカリッと表面仕上げて、山椒の粉をドバドバかけて超美味しかった。

飯食べてから、気まぐれで夜風にあたりに黄浦江までお散歩。

夜に黄浦江まで行くのも久しぶりだなぁ。

やっぱり夜の上海は綺麗だなぁ。

黄浦江まですぐに来られるので、いまのアパートは超気にいってる。
東和公寓追い出されて、結果的に良かった。
リストラされて上海に来たのもそうだけど、外部的な要因で生活環境が変わるのも悪くないというか、今のところ良い方にばっかり進んでるような気がする。
環境が変わる時にした選択がたまたま良かったということだな。

”上海感谢你”

夜の上海最高!

黄浦江からの川を渡る風の香りが気持ちよかった。

たまには夜の散歩も良いな♪

夜に気軽に出かけられる安全な街ってのも重要。
大人にとっては、案外日本より安全だと思う。

昨日もそうだけど、冷蔵庫に入っているポテトサラダを食べるのを忘れて、晩ごはん食べ終わった後に気づく。

今日は、夜のお散歩終えて戻ってきて、ポテトサラダをつまみにして、モンテスアルファMで飲みを再開。
(^O^)v

結局、5月の飲食費は10692元だった。
そのうち飲み物代が6715元。
全部飲んだわけではなくて、ロックダウン中に消費した酒を以前のようなストック状態に戻したので、飲み物代が多くなった。
結局、3,4,5月の3ヶ月飲食費は27286元で、月平均9000元。
ロックダウンでお金使わないってこと無いな。(^_^;)
ロックダウンで使わなくてよいのは電車代と滴滴ぐいだけど、そんなの微々たるものだからなぁ。

ロックダウン中に、結局一度も共同購入使わず。
何が送られてくるか選べない野菜セットとか果物セットとかも、一度も自分では購入しなかった。
まあ、会社の組合から間違いで食べないのに野菜・肉セット送られてきたことがあったけど・・・。
あと連打しないと買えないような時に、ネットスーパーも使わず。
最初に1ヶ月ぐらいの備蓄食料があれば、上海政府からの配給もあるし、たまに買えるときに近くの店とかから物買えば、そんなに困らないということだ。
何事も準備が大事だな。

 

関連する記事はこちら: