ハンドパワーの凄さを感じた内視鏡検査。

ハンドパワーの凄さを感じた内視鏡検査。 はコメントを受け付けていません。


【ニラミハナダイの雄 @ サイパン】

今朝は、午前6時から昨晩作ったマグコロールPの1.8Lを1時間半ほどかけて飲み干した。
味は、ポカリスエットそのもの。
ポカリスエットを1.8L飲むのが苦にならない人なら楽勝だと思う。
でも、実はポカリスエットを俺っちは好きじゃない。
スポーツドリンクが出だしたのは、今から30年ほど前だと記憶しているけど、その時からポカリスエットは苦手で、ゲータレードの方を愛飲していた。
まあ、苦手と言っても喉が渇いているときに180mL缶を一気に飲むのは別に問題ないんだけど、1.8Lですからねぇ・・・。
だんだん口の中が甘くなってきて辛かったので、途中で麦茶をちょっと飲んでお口の中をリセットしながら飲んだ。

30分から1時間で、飲んだものが出てくると書かれているんだけど、1時間経ってもそんな気配無し。
(^^ゞ
でも、起きたときに昨日晩に飲んだフォルセニッド錠が効いたのか、通常のおトイレは済んでいた。

結局、マグコロールが出始めたのは2時間ぐらいしてから。
そして、こいつは下剤のようなものではなくて、単に出てくるだけで、全く腹痛とかそういうものは無かった。
そういう症状が無いので、逆にトイレに行きたくならない。
トイレに行きたくならないけど、行ってみると、水のようなものが勢いよく出てくるって感じ。

2時間後からマグコロールが順調に排出され初めて、4時間後まで何度かトイレに行って、飲んだ1.8L全部出たかな?って感じになった。
でも、そこからさらに2時間後の、飲み始めてから6時間後に、かなりいっぱいお腹に残っていたマグコロールが出た。これが最後。
結局、飲み始めてから全部排出されるまで6時間でした。

俺っちの場合は、午前6時から自宅で自分で飲むというパターンだったけど、お医者さんにいってから飲み始めるという病院もあるようだけど、病院に行ってから飲み始めた場合全部排出されるまで待ってから内視鏡検査したら、開始がかなり遅くなると思うんだけど・・・。
全部排出しないで内視鏡検査すると、かなり悲惨なことになりそうだし・・・。(^^ゞ
まあ、出てくるのはほとんど水ですけど・・・。

病院まで、短パンでビーチサンダルという、超緊張感のない格好で歩いて行った。

検査は午後2時半から。
午後2時過ぎから、麻酔用の注射針を刺したりして準備。
あ、ズボンとパンツは脱いで、病院で用意されていたお尻のところに穴が開いたゆったりしたトランクスタイプの紙素材のズボンに着替えたりもした。
ちょっと、恥ずかしかったかも。

担当してくれた看護婦さんは、若くて結構美人というか可愛い (*^。^*)
話し方も丁寧で優しくて、さすがクリスチャン系の病院。
名前からして韓国系の名前だったけど、俺っちの好きな少女時代のテヨンの面影があった。 (^_^)v

最初は麻酔を希望していたけど、麻酔をしたら検査が終わって1時間半ぐらいは入院ということと、テヨンに似た看護婦さんが、痛くなったら直ぐに麻酔入れるから痛くなってから麻酔処置でもいいんじゃない?っていうので、天使の言葉に従ってまずは麻酔無しに希望変更。

事前に、速い人で15分ぐらいで、長くても30分ぐらいと聞かされて、いよいよ検査開始。

腸の中を内視鏡が入っていく感覚があると思ってたんだけど、最初は全然感覚無し。
入っていく感覚も無いんだから、痛みなんて当然無い。

かなり奥に入ったところで、内視鏡がちょっとつっかえたようで、お腹の中でちょっと違和感が。
でも、我慢できない痛いっていうほどではない。
違和感で体がちょっと反応すると、テヨン似の看護婦さんが「大丈夫ですか?」って直ぐ聞いてくれる。
この時ふと思ったこと。

俺っちの体の様子をチェックするためか、天使のテヨンちゃんが、ずーっと左肩から首のあたりに手を置いていてくれた。
人の手が体に触れていると、自然と緊張がほぐれて、痛みも和らぐもの。
実際、ちょっと安心している自分がいた。 (#^.^#)
今回の検査では、この天使の手が俺っちには軽い麻酔効果あったのかも・・・・。

そして、一番奥まで内視鏡が入ったという知らせを聞いて、あとは抜きながら検査開始。

抜くときは全く感覚無し。

15分足らずで、拍子抜けするほど簡単に検査が終わった。
当然、途中で麻酔を入れることも無かった。
看護婦さんの話だと、かなりスムーズに速く検査が終わったパターンのようだった。

胃の内視鏡検査を、口からと鼻からの2通り過去に経験しているし、鼻からの胃内視鏡は今日の先生と同じ先生にしてもらったのだが、大腸内視鏡の方が断然検査自体は楽。
ただし、大腸内視鏡は検査自体は楽勝だけど、前日からの事前準備が大変だ。

麻酔をしなかったので、検査して直ぐに同じ部屋で、結果の報告を先生から受けた。
ポリープも無いし、何の異常も無し!
健康体!
痔も無いんだけど、細い血管が切れて血が混じることはあるらしい。

ポリープが見つかって、ポリープ切除した場合は、検査後2時間ぐらいかけて出血を抑える点滴を受けて、出血が止まったのを確認して退院ということになるんだけど、今回はポリープ無かったし麻酔も使ってないので、結果報告受けてそのまま直ぐに帰れることに。

看護婦さんから簡単な注意事項だけ説明受けて、そのまま歩いて帰ってきた。

 

テヨン似の看護婦さんのハンドパワーで苦痛を感じずに内視鏡検査出来てよかったです♪

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。