帰国危機一髪! そしてトラブルのクタクタに疲れた一日。

帰国危機一髪! そしてトラブルのクタクタに疲れた一日。 はコメントを受け付けていません。


【パラオ クルコン桟橋からの風景】

さて、今日長いパラオ旅行から帰国しました。

クタクタです。

そして、もうちょっとで飛行機に乗り遅れるところで、超危機一髪!でした。
その理由は、数年前に同じくパラオからグアム経由で帰国したときに、JAL便を15分遅らせてしまったのと全く同じ・・・。
_| ̄|○

昨晩午後11時30分にホテルを出発して、空港へ。
空港へは午前0時ちょうどに到着。

フライトは午前2時50分だったので、こんな早くに空港来ても空港はまだ人が少ない。

さらにスターアライアンスゴールドの俺っちはビジネスカウンターが使えるので、午前0時10分にはチェックインが完了して荷物もあずけ終わった。

ここで、例年なら有料ラウンジで時間過ごしていたのだが、2階にとりあえず上がってみると出国審査をこんな早くから開始していたので何となく、出国手続きもしちゃった。
去年来たときは、出国手続きはこんなに早くはカウンターが空いてなかったんだけど・・・・。
そして、出国税も1階で払っていたのが、2階の出国直前に変わっていた。

出国手続きも終わって搭乗ゲート前に来たのが午前0時15分。
まだ搭乗待合室は人が数名。

俺っちは、なぜか超絶な眠気&疲れ状態だったので、待合室の椅子に横になってとりあえず仮眠。
寒いことを予想して、長袖シャツをTシャツの上から着ていたのだが、それで寝るには寒すぎた。 {{ (>_<) }}
もしTシャツだけだったら凍死してたかも・・・。

椅子の上で寝るにはかなり寝心地が悪くて、しかもかなり寒いので、うつらうつらとしか眠れなかった。
結局、器材到着の遅れで、フライトは30分遅れて、午前3時20分。

2時間半ぐらい待合室で寝たことになるけど、なんだか中途半端な睡眠で、余計に体が疲れた。

グアムへ向かう機内でも、食べ物&飲み物サービスは一切断って、寝てたけど、やはり浅い睡眠で体の疲れはますばかり。

グアムに到着していったん入国手続きをするものも、半分寝ぼけた状態。
そして、すぐに出国手続き。
グアム乗り換えは面倒。

このとき、俺っちの時計で時間は午前5時45分。
グアムー関空便のフライトは午前7時20分。
まだ時間があるなぁと思いつつ、ユナイテッドクラブラウンジへ行った。

ラウンジで、PCを立ち上げつつ、カップラーメン食べて、熱い日本茶を飲んでると、だんだん頭がハッキリしてきた。

そして、重大な間違いに気づいた!

あれ、そういえばグアムとパラオの時差は1時間。
時計直してないじゃん!

ここで、超冷や汗状態。
そして、半パニック!

時計見ると、午前6時14分。
ということは、時差を考えると午前7時14分。

え、え、え、出発まであと6分じゃないか!

数年前にJAL便で同じことしちゃったときは、出発から10分過ぎてたけど、今回は微妙に出発前。

でも、コンチネンタル(ユナイテッド)は結構早く搭乗締め切るからヤバい!と思いつつカバンにPCを放り込んで、ラウンジのカウンターへまず行って、「もう出ちゃった?」って聞いて、「今すぐ行くってゲートに連絡してくれ!」と頼んだ。

するとカウンターの人は、「まだ大丈夫だよ」と言ってくれたので、一安心。
そして、冷や汗状態がちょっと回復。

幸いにもゲートは12番で、ラウンジのすぐ横。

搭乗ゲートに行くと、なぜか今搭乗が始まったところのような感じ。
搭乗開始が遅れていたようだ。

搭乗ゲートを俺っちもくぐると、係の人が「あんたの座席変更になってるよ」と新しい搭乗券を渡された。

足下の広い非常口座席に変更になっていた。
ここの座席は、リクエストすると70ドルぐらい追加料金が必要になるシート。
でも、足下が広いのは良いのだが、リクライニングしないシートなので微妙。

あれだけ、冷や汗状態で出発しちゃったことを心配したのだが、どうやらパラオーグアム便の到着が遅れたので、荷物積み込みも遅れて、結局出発は30分遅れ。

まあ、乗り遅れなくて良かった。
しかし、数年前に同じ失敗をして、それは強く頭に残っていたのだが、今日はよっぽど寝不足でボーッとしてたんだなぁ。
時差があることは強く認識していたのに、それをしなかったのは、疲れ&寝不足が原因としか考えられない。

まあ、そんな冷や汗状態もあったけど、無事帰国しました。

自宅には午前1時過ぎに帰宅。

帰宅して、愛車のRX-7のエンジンをとりあえずかけるけど、まったくエンジンかからず。
どうやら、かぶっちゃった模様。
_| ̄|○

RX-7は孤高のロータリーエンジン。

ロータリーエンジンは点火に失敗すると、かぶっちゃってもうどうしようもなくなる。

マツダのディーラーに連絡して、対応をお願いする。
様子を見に来てくれたけど、やっぱりメチャかぶり状態なので、自動車運搬車を持ってきてディーラーまで持って帰ってもらった。

ディーラーでプラグ外したりいろいろ作業してもらって、なんとかエンジンはかかるようになったものの、バッテリー交換も含めて出費は3.5万円。
年の初めだから、愛車に3.5万円のお年玉と考えるしかないか。

もう、今日はクタクタです。

いままで何度もダイビング旅行行ったけど、帰国して今回が一番疲れているかも・・・。

クルコンのアユミさんの「体をいたわらなきゃダメ」って助言を聞いて、昨日ダイビングしないで体休めたのに、これだけ疲れてるなんて、歳ですかねぇ・・・・。
昨日潜ってたらもっと今日の帰国しんどかったかな。
アユミさんの助言にしたがって良かったよ。

夕寝を4時間ほどして、ちょっとご飯が食べれるようになった。

Comments are closed.